体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山崎まさよしの『ROSE PERIOD ~the BEST 2005-2015~』でアーティストとしての確かな才能を傾聴する【ハイレゾ聴き比べ vol.5】

(1)音がクリアー、とりわけ高音のキレが良くなることになることで、今までの音源で聴こえづらかった部分まで明瞭になること。(2)音像がシャープになって個々の音の位置がよりはっきりとすることで、個々の音の重なり=アンサンブルが強調され、楽曲全体としては角が取れたように感じられること。このふたつがハイレゾ音源、その聴き応えの特徴であろうが、前回1979年発表の坂本龍一の『千のナイフ』を取り上げたことで、奇しくも(1)(2)によって、その音源がレコーディングされた時の状況も露わにしてしまうことも分かった。

その意味では、過去音源のハイレゾ化は、小津安二郎や黒澤明のフィルムを4Kで保存する行為に近いものとも書いた。とするならば、とあるアーティストのハイレゾ音源を聴くことで、その人の音楽的変遷や本来の指向をよりリアルに捉えることができるのではなかろうか? ベストアルバムのハイレゾ化はその恰好の材料。今回の【ハイレゾ聴き比べ】は、昨年8月にリリースされた山崎まさよしのベスト盤『ROSE PERIOD ~the BEST 2005-2015~』を題材にしてみよう。
『ROSE PERIOD ~the BEST 2005-2015~』/山崎まさよし (okmusic UP's)

天賦の才を持つシンガーソングライター
今さらながら…だが、山崎まさよしのプロフィールにも軽く触れておこう。1971年生まれ、山口県防府市出身のシンガーソングライターで、1995年にシングル「月明かりに照らされて」でメジャーデビュー。役者として映画やTVドラマにも出演し、主演映画『月とキャベツ』のテーマ曲「One more time, One more chance」(97年発表)、出演ドラマ『奇跡の人』の主題歌「僕はここにいる」(98年発表)も手掛けてヒットさせている。SMAPがカバーした「セロリ」(96年発表)も有名な他、杏子らと結成したユニット、福耳での「星のかけらを探しに行こう Again」(99年発表)でも知られるところだ。

1stアルバム『アレルギーの特効薬』(96年発表)の帯に“天才より凄い奴!デビュー”というコピーが躍っていたそうだが、その卓越したメロディーセンスと、力強いも甘い歌声はまさしく天賦の才と呼びたいほど。デビューから20年、常に一線級で活躍してきた、日本を代表するシンガーソングライターである。

アレンジャー、プロデューサーとしても優秀
ベストアルバム『ROSE PERIOD ~the BEST 2005-2015~』は、04~15年に発売された全シングルA面を収録した作品集である。各楽曲の詳細は後述するとして、このベスト盤を聴いてみて感じるのは、山崎まさよしはアレンジャー、プロデューサーとしても極めて優れた人であるということだ。

デビュー当初の印象が強く残っているためか、ギター弾き語りスタイルが頭に浮かぶが、音楽活動を始めた頃はドラマーであったことや、早くから他者への楽曲提供を行なったり、スタジオミュージシャンとしても活動していたりしていたというから、元来、所謂シンガーソングライターというよりも、マルチプレイヤーでもあるアーティストというのが適当なのだろう。

『ROSE PERIOD』収録曲も弾き語りはM15「One more time, One more chance」程度で、これにしても93年制作のデモ音源である。他の収録曲は全てバンドサウンド。鍵盤はもちろんのこと、ホーンセクション、ストリングス、同期ものも取り入れている。

山崎まさよしの充実期を示すベスト盤
それゆえに…なのか、本作は所謂ベストアルバムとはまた異なったバラエティーさに富んでいると思う。M2「ビー玉望遠鏡」(04年発表)、M5「真夜中のBoon Boon」(08年発表)、M7「春も嵐も」(09年発表)といったソウル系のポップチューン。あるいはM8「HOBO Walking」(10年発表)、M11「アフロディーテ」(12年発表)、M14「21世紀マン」(15年発表)等のラテン系ナンバー。さらには、スローなM9「花火」(10年発表)やM13「アルタイルの涙」(13年発表)、ロッカバラード風M12「星空ギター」(12年発表)といろんなタイプがあるものの、一本筋が通っている印象だ。

具体的に言うと、楽曲を構成している楽器のアンサンブルが大きく変わらないのである。基本はアコギ+バンドサウンドに上物(ピアノ、オルガン、シンセ、ホーンセクション、ストリングス)で、多少の差異はあれど、ある曲ではエレキギターが前面で、ある曲ではストリングとピアノが前面で…ということがないのだ。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。