ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

The Flickersが解散を発表&メンバーからコメントが到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

The Flickersが解散することが明らかになり、同時にメンバーのコメントが発表された。

所属プロダクションから届いたお知らせ、メンバーのコメントは以下の通り。

CDデビューから約5年、昨年から新たにサポートメンバーを迎え、先日3月23日にニューアルバム『MISSING PIECE』をリリースし、約10年間に渡り活動をしておりましたThe Flickersですが、メンバー間で今後のバンドの向かう道が共有できず、現在のメンバーで今後The Flickersの活動を続けることが困難な状況になりました。

メンバー、スタッフで度重なる協議を重ねた結果、最終的にバンドを解散するという結論に至りました。

誠に勝手ながら、今後予定しておりましたすべてのイベントライブの出演をキャンセル、および自主公演の開催は中止とさせて頂くことになりました。

The Flickersを応援してくださったファンの皆様、すべての関係者の皆様にご心配とご迷惑をお掛けすること、深くお詫び申し上げます。

そして、今まで応援して頂き本当にありがとうございました。

株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション

メンバーからのコメント
「フリッカーズは解散する事になりました。

応援してくれたファンの方々、手伝ってくれた関係者の方々や、バンド仲間、ライブハウスの方々、関わってくれた全ての皆様、このようなお知らせをする事になってしまって本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ごめんなさい。

フリッカーズは活動を続けられないような状態となってしまいました。

決まっていたライブを行なう事や、けじめのライブを行なう事、本来なら何があっても全うしていきたかった事も、今は出来ないような状態です。

メンバー間の人間関係がどうしても修復できないまでに悪化してしまい、解散という形をとらざるを得ない状況になってしまいました。

結成から11年間、一生懸命音楽をやってきましたが、とても悲しく悔しい結末を招いてしまいました。

みなさんの応援や期待を裏切り、心配、ご迷惑をおかけします事、深くお詫び致します。

そしてこのバンドを愛してくれて本当にありがとうございました。

唐突で心苦しい最期となりましたが、想いを込めた作品を作り、活動し、みなさんに出会えた事を誇りに思います。

メンバーそれぞれの今後についてはまだ何も分かりませんが、それぞれが音楽を通してまたどこかでみなさんに出会えたらいいなと思っています。

本当にいつも、ありがとうございました。

出会ってからずっと、ありがとうございました。

またいつか、元気で会えますよう。」(安島裕輔)

「僕らの音楽を聴いてくれた皆さん、ささえてくれた皆さん、ライブイベントに誘ってくれていたバンドの皆さん、この度はこのような発表となり、本当にごめんなさい。

原因は沢山ありました。

長い間、時間を共にする中で、僕ら3人は会話をすることも次第になくなっていきました。

お互いに考えている事がわかっていても、説明や気持ちをうまく伝えることができなくなっていました。

最後にはどうしても拳を上げたり、物に当たってしまうこともありました。

それでも続けようと思えていたのは、3人でフリッカーズというバンドを、音楽を、ライブを、10年もの間大切に続けてきたからだと思います。

スタッフの皆さん、サポートメンバーの皆さんに、僕らのことを思って言ってくれた言葉や行動に、応えることができなくてすみません。

この数日間ずっと悩みました。

でも、どうしても、どう考えても、またメンバーと顔を合わせ一緒にやる事に、明るい想像ができませんでした。

どんな気持ちでそこにいればいいのか、わかりません。

一日、また一日と日が立つにつれ、迷いとともに、気持ちだけは暗く沈んでいくばかりでした。

支えてくれたスタッフの皆さん、迷惑ばかりかけてしまいごめんなさい。

そんな僕らに協力してもらい、沢山の音楽を鳴らす場所をいただき、沢山の景色や音楽の形を作ることができました。

本当にありがとうございました。

僕らを支えてくれたサポートメンバーの皆さん、一緒に演奏できて、本当に新しい刺激となりました。

また、良き相談役となっていただきありがとうございました。

ステージの上で強く前に一歩踏み出すことができました。

本当にありがとうございました。

一緒に切磋琢磨した同世代のバンドの皆さん。

同じステージで音を鳴らしあったバンドの皆さん、何度も感動させてくれたバンドの皆さん、今でも強く前に進んでいくバンドの皆さん、勇気を沢山もらいました。

本当にありがとうございました。

最後に、ファンの皆さんの前に立つこともなく解散の旨を伝えるだけという形になり、本当に申し訳ない気持ちです。

残念な思いをさせてしまいごめんなさい。

応援してくれた皆さんがかけてくれた言葉に、何度も何度も勇気をもらいました。またステージに立ちたいと、何度も何度でも立ちたいと思えました。最後にそれが叶わなかった事だけが、心残りです。

本当に、ありがとうございました。 」(堀内祥太郎)

「突然の発表となり申し訳ありません。

The Flickersは解散します。

10年近くバンドを続けていく中で、メンバー内に色々な亀裂が入っていました。

それは日々少しずつ、大きくなっていたと思います。

たくさんの人に助けていただきながら修復をしようと試みましたが、ついにこの亀裂を抱えたままライブをする事が困難となりました。

現在決まっているライブも、急遽キャンセルせざるをえない状況になってしまい、大変申し訳ありません。

応援してくださっていたファンの皆様。

イベントに誘っていただいたバンドの方々。

ここまで関わって下さったスタッフ。

こんな形で最後をお知らせしなければいけないという事に、心から申し訳ない気持ちで一杯です。

しかし、ここまで出来たのは、応援してくれるファンの皆様、スタッフそしてサポートメンバーのおかげです。

The Flickersでドラムを叩けた事で色んな経験が出来ました。

今まで作ってきた曲は、精一杯やれる事をやりきりました。

そこに嘘はないです。

今後の個人としての活動はまったく決まっていませんが、またどこかで見かけたら声をかけて下さい。

最後に、決まっていたライブを楽しみにしていてくれたファンの皆様には、大変申し訳ありません。

今まで応援していただき、本当にありがとうございました。」(本吉’Nico’弘樹)

【ライブ出演中止にともなうチケット払い戻しに関しまして】
なお、今後予定しておりました公演のチケットをご購入頂いたお客様へは、チケット払い戻しのご対応をさせて頂きます。

6月に予定しておりました「ONE-MAN Tour 2016」の払い戻し方法につきましては、後日改めて当ホームページにてご案内差し上げます。

また、4月から5月に出演を予定していた各イベントに関しましては、The Flickersを目的としてチケットをご購入頂いた方で、払い戻しをご希望されるお客様へは、公演前日までにご連絡を頂ければ払い戻しの手続きをさせて頂きます。

お手数をお掛けして大変申し訳ございませんが、以下のアドレスまでご一報頂けますと幸いです。

払い戻しのお手続きが終了する迄、お手持ちのチケットは大切に保管して頂きますようお願い致します。

払い戻し受付、およびお問い合わせ先 :

http://www.theflickers.net

払い戻し受付、およびお問い合わせ先メールアドレス : theflickers123456@gmail.com

最後になりますが、今一度、ファンの皆様、

及び関係者の皆様に多大なるご心配とご迷惑をお掛け致しますこと、

また、このような形でのご報告になりました事を深くお詫び申し上げます。

The Flickers 安島裕輔、堀内祥太郎、本吉弘樹

株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP