ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若者のバイク離れ ユーザーの年齢層は二極化に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月6日のオンエアされたJ-WAVE平日(月〜金)夜の番組「JAM THE WORLD」(水曜ナビゲーター:安田菜津紀)のワンコーナー「CASE FILE」。今週は、4月から変わるバイクを取り巻く環境について、二輪ジャーナリストのKAZU中西さんにお話を伺っています。

世界トップのバイク生産国である日本で今、若者のバイク離れが起こっています。その背景は不況、若者の趣味の多様化、規制強化など多岐に渡ります。4月から始まったバイクに関する規則改正では、高速道路の料金が値上げされたほか、ナンバープレートを水平位置に付けることが義務づけられるなど、ナンバープレートの法律が明確化されました。

そんな中、日本のバイク事情はどうなっているのでしょうか。KAZU中西さんに、人気バイクの傾向や、どんな人たちに人気なのか聞いてみました。

■軽量でクラシカルなバイクが人気
現在はロードバイクの中でも5〜6種類ジャンルがあるなど多様化しており、どれが人気とは言い難いそうですが、傾向はあるそう。

「オートバイは軽量であることが最近の人気ではあります。軽いバイクですね。そして、クラシカルなルックス、スタイリングをしていながらも運動性能としては現代的なオートバイの人気があるように思います」(KAZU中西さん)

■ユーザーは若者と中年の二極化
今、バイクはどんな人たちに人気かというと、かつてオートバイに乗っていた50歳くらいを中心にした中年の「リターンライダー」と、大学生を中心とする若者の二極に分かれているそうです。

「交通網が発達している場所(東京・名古屋・大阪など)では、そんな風にも思わないのですが、実はいろいろ大学生を取材をしてみると、250ccのオートバイを持ってます、とか、乗ってます、という学生さんは多いですね」(KAZU中西さん)

ちなみに大学生は、価格が安いことから中古でバイクを購入することが多いとか。新車の場合は5〜10年ほど前に大量生産されたバイクを20〜40万円で購入するのが一般的といえるそうです。4月7日(木)のオンエアでは、バイクの販売数が下がる今、バイク業界がとっている対策について話を伺います。

【関連サイト】

「JAM THE WORLD」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP