ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大槻ケンヂ 新人声優アイドル イヤホンズと新ユニットで新曲、ジャケは『ハイスコアガール』押切蓮介描き下ろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大槻ケンヂが新人声優アイドルユニット イヤホンズとユニットを結成し、作編曲をNARASAKIが担当した新曲「現象のブレイド」を4月20日より配信することが明らかになった。

大槻ケンヂとイヤホンズ ジャケ写など

 このたび結成したスペシャルユニット“大槻ケンヂとイヤホンズ”として発表する「現象のブレイド」は、今春配信予定のスマートフォン向けアクションRPG『BLADE -ブレイド 天から堕ちる千の刃-』のテーマ曲となっている。また、ジャケット写真のイラストは、ゲームを題材にした人気漫画『ハイスコアガール』の作者である押切蓮介の描き下ろしになることも発表された。

 さらに、4月19日に『BLADE -ブレイド 天から堕ちる千の刃-』のリリース発表イベントが都内某所にて開催されることが決定し、大槻ケンヂとイヤホンズの登壇も発表された。BLADE公式Twitterにて、抽選で50名を招待。ゲームやテーマソングの紹介など、同イベントでしか聞けない情報が公開される予定なので、是非この機会を見逃さないでほしい。

◎配信限定シングル『現象のブレイド』
2016/4/20 配信スタート
作詞:大槻ケンヂ
作曲・編曲:NARASAKI
歌:大槻ケンヂとイヤホンズ
iTunes Store・レコチョク・mora・e-onkyo music ほか
※mora・e-onkyo musicではハイレゾ音源も配信予定

◎【『BLADE -ブレイド 天から堕ちる千の刃-』リリース発表イベント】
2016年4月19日(火)19:00~START(20:25 終演予定)
会場:都内予定(当選された方にのみご連絡)
出演(予定):大槻ケンヂイヤホンズ、椎野真光(GameBank株式会社 代表取締役社長 CEO)、山本喜代志(『BLADE -ブレイド 天から堕ちる千の刃-』プロデューサー)
招待人数:50名(完全招待制)
来場者プレゼント:『BLADE -ブレイド 天から堕ちる千の刃-』オリジナルノベルティグッズ
募集期間:2016年4月6日(水)~2016年4月13日(水)23時59分まで
応募方法:
・BLADE公式Twitterをフォローする
・Twitterでキャンペーンツイートを投稿
※詳しくは『BLADE -ブレイド 天から堕ちる千の刃-』公式サイト内お知らせをご確認ください。

◎アクションRPG『BLADE -ブレイド 天から堕ちる千の刃-』
リリース予定:2016年春
対応OS:iOS7.0以降(iPhone、iPod touch)Android:4.2以上
プレイ料金:無料(アプリ内課金あり)
PV:https://youtu.be/zGVazNv00Lc
(C)GameBank Corp. /(C)2016 4:33 Creative Lab.
<『BLADE -ブレイド 天から堕ちる千の刃-』とは>
原作である『BLADE』は、2014年4月21日に韓国で配信開始された、ハック&スラッシュタイプのアクションRPG。配信以降数日でApp StoreとGoogle Playの人気ランキングと売上ランキングにて1位を獲得し、その年の11月にモバイルゲーム史上初の「大韓民国ゲーム大賞2014」を受賞。対戦や協力プレイ、キャラクター育成といったやりこみ度が高いゲームで、2015年からは台湾、北米での配信も開始し、全世界で累計700万ダウンロードを突破するなど、今なお各国のファンから熱い支持を得ている。日本国内で『BLADE -ブレイド 天から堕ちる千の刃-』として配信するにあたり、基本的なゲームシステムはそのままに、日本市場に沿うバランス調整などを実施し、簡単操作でもプレイできる本格アクションRPGとして、この度4月20日に配信される。
※App Storeでは、2014年4月24日にダウンロード1位、2014年4月25日に売上1位を初獲得
※Google Playでは、2014年4月26日にダウンロード1位、2014年4月30日に売上1位を初獲得

関連記事リンク(外部サイト)

現代の若者も支持、50歳迎えた大槻ケンヂのバンド 特撮のライブが凄い
吉澤嘉代子 新作『東京絶景』リリース祝し、曽我部恵一/大槻ケンヂ/ハマ・オカモト/マーティ・フリードマンらからコメント到着
大槻ケンヂ率いる特撮 メンバー揃ってトークイベント開催&新作全曲試聴トレーラーも公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP