ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SF映画の未来キタ!AR技術搭載のコンタクトレンズをSamsungが開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“スマートコンタクトレンズ”というと、“Googleの血糖値を測定するスマートコンタクトレンズ”を思い出す人もいるかもしれない。

実はSamsungでも、2014年にスマートコンタクトレンズの特許を申請しており、開発が進められてきた。

・Samsungのものは“ARディスプレイ”

ただ、両者の開発目的は異なっており、Googleは“健康関連のウェアラブル”であるのに対し、Samsungのものは“ARディスプレイ”として用いるためのものだ。ユーザーが装着しているコンタクトレンズをディスプレイにして、画像を直接映し出す。

・カメラ、アンテナ、センサーを内蔵 スマホと連動する

コンタクトレンズにはカメラとアンテナ、動きを検知するセンサーが内蔵されており、瞬きをすることでコントロールをおこなう。ただし、データの解析用にスマートフォンのような外部デバイスが必要になる。

ちなみに、この“瞬きで操作する”というアイデアは、「Google Glass」でも採用されていて、瞬きをすると写真撮影できる機能があった。実現の可能性は十分ありそうだ。

・既存のARツールと比べると、コンパクトで目立たない!

ARツールとしては、「Oculus Rift」のようなヘッドマウントディスプレイタイプや、「Google Glass」があるが、それらと比べると、目の中に直接装着するコンタクトレンズタイプなら、非常にコンパクトだし目立たないので、周囲の目も気になりにくい。より気軽にAR技術を利用することができそうだ。

スパイ映画やSFの世界に登場したような未来型のツールが、現実のものとなる日も近いのかもしれない。

Samsung smart contact lenses

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP