体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボブ・ディラン、15年ぶりの劇場公演がついにスタート

風に吹かれて、転がる石のように約半世紀…ロックの時代を作り、時代を変革し、様々な人々の人生に影響を与え続ける、ロック界最重要アーティスト・ボブ・ディラン。1978年の初来日公演以来通算8回目、来日公演史上最速の間隔で2014年以来2年ぶりの公演が4月4日、東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールでスタートした。
4月4日@オーチャード・ホール (okmusic UP's)
来日に先駆けて発売した、ツアー直後の5月に発売されるニュー・アルバム『フォールン・エンジェルズ』からの日本限定先行EP「メランコリー・ムード」は、4月4日付のオリコン週間シングルランキングで初登場23位、週間ROCKシングルランキング6位を記録したばかりであるが(ディラン史上初めて日本のシングルチャートにランク・イン)、その新曲を含めて、これまで日本のライヴでは演奏されたことがなかった8曲もの日本初登場曲が披露され、「風に吹かれて」や「ブルーにこんがらがって」などの代表曲を含む全21曲演奏、約2時間15分、抜群の音響環境のホールでの極上のサウンドとともに、超満員の2000人の観客を魅了した。

2年振りの東京公演初日は、オーチャードホールでほぼ定時である午後7時に幕を開けた。超満員の会場が暗転すると、待ちわびた客席からは大歓声が上がる。アコースティックギターの演奏が始まり、メンバーそしてボブ・ディランの順に登場。オープニングは「シングス・ハヴ・チェンジド」、2001年の映画『Wonder Boys』主題歌でアカデミー賞とゴールデングローブ賞を受賞したナンバーだ。ディランは曲に身を委ねるような歌い方でセンターで歌う。半円状にカーテンを仕切ったステージは品があって、歌と演奏を引き立てる。2曲目は1965年の名盤『ブリンギング・イット・ オール・バック・ホーム』収録、「シー・ビロングズ・トゥ・ミー」。ディランはセンターで大きく動く事もなく歌に専念する。曲半ばでラフなハーモニカ演奏を聴かせるが、何よりも声に力があり、早くも健在ぶりを発揮する。

初めてグランド・ピアノに移動して3曲目の「ビヨンド・ヒア・ライズ・ナッシング」。そして、4曲目は昨年1月発表された『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』より「ホワットル・アイ・ドゥ」 。今回のツアーの見どころの一つともいえる、日本では初登場のフランク・シナトラに代表されるグレート・アメリカン・ソングブックの曲だ。スティール・ギターで始まった演奏は心地よく、歌う本人が癒されているかのような錯覚を覚えるほど、今のディランに相応しい出来となった。5曲目は『テンペスト』収録「デューケイン・ホイッスル」。ピアノを演奏しながら、左足を時折上げたりリズムを取ったりしながら心地良さそうに歌う。バンドとのアンサンブルも決まっている。今回のツアーでも『テンペスト』からの曲が5曲演奏されるが、いずれもセットリストの中で重要な位置にしっかりと置かれている。

6曲目の「メランコリー・ムード」も日本初登場。5月に発売が予定されているニュー・アルバム『フォールン・エンジェルズ』に収録される曲で、日本のファンのために一足先に来日記念で発売されたEP盤のリードトラックだ。「これぞ、歌手、ディラン」ともいえる素晴らしいヴォーカルを聴かせながら、ステージ上を動き回る。7曲目の「ペイ・イン・ブラッド」ではステージセンターで凄みのある声でまくしたてるように歌い、足を開いて左手を腰に置く決めのポーズ。歌の世界にどっぷりと入り込んでいるようだ。8曲目と9曲目も日本初登場。シナトラ・カバーより「アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー」と「ザット・ラッキー・オールド・サン」。ライティングが効果的に使われ、気持の入ったハリのある声で力強く歌い、無垢にも聞こえる歌唱法は驚きでもある。見事なヴォーカルは前半のハイライトとなった。第一部最後の曲は、1975年『血の轍』収録、「ブルーにこんがらがって」。代表曲でさえも痛快な位に原形を留めないのは、いつものディラン流。センターで何度も決めのポーズを取りながら、ハーモニカを演奏した後にピアノに移って演奏した。

第一部の最後で、これまで一切MCを入れなかったディランが、観客に向かって話しかけた。それも、日本語で「アリガトウ」と!普段ほとんどMCを語ることのないディランだが、日本のファンの熱い反応に相当気分がよかったのかもしれない。ディランの滅多にないサービスに会場中がどよめき、大歓声を上げた。ディランは満足げに、休憩に入る旨告げて第一部が終了。20分の休憩を挟んで、後半の第二部へ。

第二部のオープニングは2001年発表『ラヴ・アンド・セフト』より「ハイ・ウォーター(フォー・チャーリー・パットン)」。ディランはセンターでやや崩して歌うものの、手堅い演奏が曲全体を支え安心感を与える。次に再び日本初登場のシナトラ・カバーの「ホワイ・トライ・トゥ・チェンジ・ミー・ナウ」。センターでゆったり雄大に歌うさまが印象的で、歌う喜びが全身から溢れ出ているようだ。決めのポーズも頻発。『テンペスト』からの「アーリー・ローマン・キングズ」では、左足でタイミングを取りながら確かなピアノ演奏を披露する。何処か不気味ささえも感じさせる出来映えだ。「ザ・ナイト・ウィ・コールド・イット・ア・デイ」も日本初登場のスタンダード・ナンバー。ディランはセンターでヴォーカルに専念する。スティール・ギターの演奏の間に決めのポーズを取り、自作の歌よりも言葉をしっかりと歌っているのが微笑ましい。

ショーもいよいよ後半に突入。15曲目の「スピリット・オン・ザ・ウォーター」では、ピアノを演奏しながら高い声で軽やかに歌い、演奏中は左足でタイミングやリズムを取りつつ、腕達者なバンドとの演奏を楽しむ様子が伝わってくる。16曲目の「スカーレット・タウン」はセンターで歌いながら様々なポーズを取り、歌の主題を全身を使って伝えようとしているようだ。荒れた声を活かした歌唱は曲に凄みを与えている。17曲目の「オール・オア・ナッシング・アット・オール」は5月発売予定のニュー・アルバムに収録され、来日記念EPにも収録されている日本初登場曲。軽快な演奏に乗せて快適に歌う。歌を正面からとらえてしっかりと歌う姿勢が好ましい。声に表情があり、歌う時のしぐさもこの曲の完成度を高めている。

18曲目の『テンペスト』収録「ロング・アンド・ウェイステッ ド・イヤーズ」は前回の来日公演でも最大の山場となった曲で、アルバムとライヴでこれほどまでに違うものかと感動的だったが、今回も素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。表情力、表現力豊かに歌い、腰の座ったヴォーカルが全てと言えるような痛快な出来。「どーだ」と言わんばかりのディランの決めポーズやドヤ顔を何度も見ることができるこの曲は、確実に後半のハイライトであり、誰もが何度でも味わいたいと思う瞬間であろう。そして、第二部の最後を飾るのも、日本初登場曲であり、日本でも有名なスタンダード・ナンバー「枯葉」。何度耳にしても、この曲を歌うこと自体が驚きであるが、寂寥感がにじみ出るディランの歌を聴いていると必然だったということか。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。