体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

それぞれの時代の色合いと情感、スミスの不思議な未来史

それぞれの時代の色合いと情感、スミスの不思議な未来史

 コードウェイナー・スミスの全短篇をまとめる企画の第一巻。続巻として『アルファ・ラルファ大通り』と『三惑星の探求』が予定されている。〈人類補完機構全短篇〉とうたわれているが、このシリーズ以外の作品も『三惑星の探求』に併録されるそうだ。

 もちろん、スミスといえば《人類補完機構》シリーズだ。唯一の長篇『ノーストリリア』(ハヤカワ文庫SF)もこのシリーズに属する。ハインラインやアシモフをはじめ、これまでSFはさまざまな未来史を描いてきた。そのなかでも《人類補完機構》は、ひときわ不思議な光を放っている。

 SF評論家J・J・ピアス(本書にも序文を寄せている)がスミスの作品を読みこんで作成した「人類補完機構年表」には、現代から西暦16000年までの長大な歴史がまとめられている。しかし、実際の作品にあたってみると「ひとつらなりの時間」の印象はあまり受けない。スミス自身が最初から未来史をすべて構想していたのではなく、個々の作品を書きながら細部をつくっていったという事情もあるだろう。しかし、それ以上に、この作者の歴史観や時間観が独特なのだ。

 本書に収められた「星の海に魂の帆をかけた女」を例にとろう。この作品は枠物語の形式で、遠い未来から新地球(ニュー・アース)開拓時代のロマンスを振り返っている。いま、ひとりの娘が母親に、ヘレン・アメリカの物語を聞かせてくれとせがんでいる。母親は言う。「ハニー、お話の中にはね、小さなころ聞いてもしかたがないものがあるの。でも大きくなってから、きっとお話ししてあげるわ」。

 ヘレン・アメリカは平面航法が発見される以前に、星の海をわたった女性だ。この時代の人類は太陽系の外へ出るため、光圧で飛行する帆船を用いた。ニュー・アースまでは片道四十年。そのころの人間の寿命は百六十年ぐらいだから、一生の四分の一をかけての旅になる。地球生まれのヘレン・アメリカは恋人のミスター・グレイ=ノー=モアに会うため、女性で最初の船乗り(セイラー)になった。ふたりの純愛はひとびとを感動させ、やがて有名な物語として語りつがれていく。

 娘と母親がいる時代(この作品の外枠)とヘレン・アメリカの時代(作品の枠内)とは、《人類補完機構》歴史線の過去と未来である。しかし、両者はまったく接点がない。時間が隔たっているのみならず、空気や感触がまったく違う。娘と母親がいるのが日常だとしたら、ヘレン・アメリカがいるのは「お話」のなかだ。タイムラインとしての歴史は因果のつらなりだが、過去の特定のできごとだけを取りだせば虚構の物語となんらかわるところがない。ひとつひとつの物語に固有の雰囲気があるように、スミスの未来史ではそれぞれの「時代」が独自の色彩や香りをたたえている。

 ヘレン・アメリカとミスター・グレイ=ノー=モアが育んだ愛を引きたてるのが、暗い宇宙に掲げられた巨大な帆だ。前檣帆(フォースル)は幅がもっとも広いところで三万二千キロメートル、全長が三十万キロ弱。自動操縦も可能だが、人間が帆を操作したほうが目的地まで早く到着できる。乗客はずっと人工冬眠しているが、船乗りだけ目覚めていなければならない。医学的処置で生理機能を遅くするため体感時間は短縮されるが、それでも孤独は一カ月間にもおよび、肉体は四十年の加齢をこうむる。それを覚悟してヘレン・アメリカは志願した。

 彼女は女性解放論の急先鋒モナ・マガリッジの私生児であり、生まれたときから「もっとも完全な子」として注目を浴びつづけてきた。その息苦しさを感じずにすむたったひとりの相手が、ニュー・アースから来た船乗りミスター・グレイ=ノー=モアだった。ふたりは恋に落ちるが、地球の整いすぎた生活環境に耐えきれず、彼は故郷へ戻ってしまう。帰路は船乗りではなく乗客としてだ。ヘレン・アメリカは彼のことが忘れられず、学業を終えたのち船乗りの資格に挑戦し合格をする。

 かつてミスター・グレイ=ノー=モアが航海の体験を話してくれた。「ときどきほんの一瞬(略)、やってよかった—-そう思えることもあるよ。神経の末端が長く長くのびて、星にとどくんだ」。こんどは彼女自身がそれを確かめるのだ。

 ピアスの年表によれば「星の海に魂の帆をかけた女」は西暦6000年ごろのできごとだが、むしろアメリカ開拓時代をモデルにしたメロドラマ(史実ではなく)みたいだ。ヘレン・アメリカの姓は「アメリカ全体を父に持つ」とみなして命名されたのだが、彼女が住む地球がこの時代には旧世界になっていて、ニュー・アースのほうが活気に満ちた新世界である。

1 2 3次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。