体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【クラフトビール】春だ! ビールだ! 『YONA YONA BEER WORKS』吉祥寺店へ行ってみた

ビール3種類

春本番。暖かくなってきて、ビールが恋しくなってくる季節ですが、みなさん飲んでいますか? 今回ご紹介するのは、ヤッホーブルーイングのクラフトビールが飲める『YONA YONA BEER WORKS』吉祥寺店。赤坂、神田など都心で展開していた『YONA YONA BEER WORKS』が東京で住みたい町として名高い吉祥寺に2016年3月24日にオープン。さっそく取材へ行ってきました!

吉祥寺『YONA YONA BEER WORKS』行ってみた

店内

客席は、108席(カウンター20席)席と中は広々。今までオフィス街にあった『YONA YONA BEER WORKS』のお店ですが、今回、住宅街吉祥寺への出店。近くに住む人の帰路のちょい飲みにもよさそう。

壁にはどこかでみた缶がきっしり

壁面をよくみると「おや……?」どこかでみかけた缶があります。

圧巻のタップ

店内へ入ると圧巻のタップ! タップとは、ビール用語でビールサーバーの注ぎ口だそう。

水曜日のネコ

『よなよなエール』はもちろん『水曜日のネコ』など、ヤッホーブルーイングのクラフトビールでおなじみの種類が並んでいます。注ぎ口は、レトロ可愛いニャ。

注がれる図

タップから注がれるビール! 乾杯の一杯はやっぱり『よなよなエール』から!

のもうのもう! ヤッホーブルーイングのクラフトビールメニュー

グラス

こちらのお店のクラフトビールはそれぞれのビールに合わせたグラスでの提供。ラインナップは『よなよなエール』『水曜日のネコ』『インドの青鬼』などのヤッホーブルーイングでおなじみの看板商品や『軽井沢高原ビールシーズナル2016』など季節限定のビールも。

ビール並べたところ

ミニグラスで提供される3種飲み比べセットもあるので、いろいろ試したい人はそちらがおすすめ。もちろんガッツリ好みのクラフトビールを飲み干すのもよし!

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。