ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【クラフトビール】春だ! ビールだ! 『YONA YONA BEER WORKS』吉祥寺店へ行ってみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


春本番。暖かくなってきて、ビールが恋しくなってくる季節ですが、みなさん飲んでいますか? 今回ご紹介するのは、ヤッホーブルーイングのクラフトビールが飲める『YONA YONA BEER WORKS』吉祥寺店。赤坂、神田など都心で展開していた『YONA YONA BEER WORKS』が東京で住みたい町として名高い吉祥寺に2016年3月24日にオープン。さっそく取材へ行ってきました!

吉祥寺『YONA YONA BEER WORKS』行ってみた


客席は、108席(カウンター20席)席と中は広々。今までオフィス街にあった『YONA YONA BEER WORKS』のお店ですが、今回、住宅街吉祥寺への出店。近くに住む人の帰路のちょい飲みにもよさそう。

壁面をよくみると「おや……?」どこかでみかけた缶があります。

店内へ入ると圧巻のタップ! タップとは、ビール用語でビールサーバーの注ぎ口だそう。


『よなよなエール』はもちろん『水曜日のネコ』など、ヤッホーブルーイングのクラフトビールでおなじみの種類が並んでいます。注ぎ口は、レトロ可愛いニャ。


タップから注がれるビール! 乾杯の一杯はやっぱり『よなよなエール』から!

のもうのもう! ヤッホーブルーイングのクラフトビールメニュー


こちらのお店のクラフトビールはそれぞれのビールに合わせたグラスでの提供。ラインナップは『よなよなエール』『水曜日のネコ』『インドの青鬼』などのヤッホーブルーイングでおなじみの看板商品や『軽井沢高原ビールシーズナル2016』など季節限定のビールも。

ミニグラスで提供される3種飲み比べセットもあるので、いろいろ試したい人はそちらがおすすめ。もちろんガッツリ好みのクラフトビールを飲み干すのもよし!

ビール×フードといえば、やっぱり肉でしょ!


ビールといえば頼みたくなるメニューはウインナーやチョリソー。「ジューッ ジューッ」と鉄板から運ばれるいい香りが鼻をくすぐります。ビールが欲しくなるッ!

ウインナーの種類は、イカ墨スパイシーやパクチーレモンなど、ちょっと変わったアレンジウインナーもあり、迷ってしまいそう。どちらもビールとのコンビネーションが見事。

「ジュワワッ」としたたる肉汁が食欲をそそります。記者がハマッた味は、ほうれん草とレンコン。シャキシャキの食感が美味。

大勢で訪れるなら、ローストチキンをオーダーして。「どどん!」と盛られたチキンを頼めば盛り上がること必須。キャー! お肉、にくにく!

ビールコスプレで乾杯! お茶目ポイントも発見


スペシャルオーダーをお店の方に教えていただいたのですが、衣装貸出があるそう。

店内にはフォトスポットが設置されています。ちょっとしたレジャースポット気分を味わえます。

隠れメニュービア衣装を身にまとい「イエイ!」こりゃSNSの投稿にぴったり。

この季節、近くにお住いの方や井の頭公園へ訪れた際は、お花見帰りにちょっと一杯飲みに行ってはいかが。

乾杯!

公式サイト

【YONA YONA BEER WORKS 吉祥寺店】
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-10 吉祥寺ビルB1
アクセス:JR中央本線吉祥寺駅 徒歩3分
URL:http://yonayonabeerworks.com/
規模:64坪 店内108席(カウンター20席)
営業時間:平日 11:30~15:00 17:00~23:00、土日祝 11:30~23:00
「YONA YONA BEER WORKS」は株式会社ワンダーテーブルが運営する、よなよなエールの公式ビアバルです

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP