ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android用「Operaブラウザ」がv36にバージョンアップ、タブスイッチャーが刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Opera Software が Android 用の「Opera ブラウザ」を v36 にバージョンアップしました。新バージョンでは、HTML のレンダリングエンジンが Chromium 49 にアップデートされ、タブを一覧するタブスイッチャーのデザインがリニューアルされました。新しいタブスイッチャーでは、下部のスピードダイヤルパネルが無くなり、タブのプレビュー画面が全体に広がり確認しやすくなっています。また、WEB Bluetooth をサポートし、Physical Web 対応のビーコンからのデータを受信できるようになりました。このほか、WEB アプリのインストール中に進捗が表示されるようになりました。「Opera」(Google Play)

■関連記事
Amazon Fireタブレットに16GBモデルが追加、価格は10,980円
Desire 825はSense 8を搭載?スクリーンショットが多数流出
任天堂の「Miitomo」がグローバル展開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP