体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DIYを学べる「DIY FACTORY STUDIY」、大阪・なんばに誕生!

DIYを学べる「DIY FACTORY STUDIY」、大阪・なんばに誕生!

大阪・なんばに、楽しみながらDIYを基礎から学べるスクールが誕生するというので、記者発表イベントに参加してみた。「DIYって楽しそうだけど、何から始めたらいいのか分からない…」という女子は必見だよ!

DIYをSTUDYできるスクールだから「STUDIY」!

3月12日、大阪ミナミの「なんばパークス」に「DIY FACTORY STUDIY」がオープンした。“STUDY”と“DIY”を融合させた造語“STUDIY(スタディ)”というネーミングからも分かるように、ここはDIYを学ぶことができるスクールだ。コンセプトは、「お料理教室やフィットネスクラブに通うように、習い事としてDIYを楽しめる場所」とのこと。【画像1】ガラス張りの明るいスペース。工具や塗料の展示販売コーナーもある(写真撮影/井村幸治)

【画像1】ガラス張りの明るいスペース。工具や塗料の展示販売コーナーもある(写真撮影/井村幸治)

ちなみに、「DIY FACTORY」は大阪・なんばと東京・二子玉川で体験型DIYショップを展開し、多くのDIYファンでにぎわっているショップ。新たに「STUDIY」をオープンさせる狙いとは何か? 運営会社大都の山田岳人代表は語る。

「従来の2店舗は、工具や塗料などのDIYツールを販売するとともに、ワークショップなどでDIYを体験できることが特徴でした。ただ、商品を手にとって体験するだけは物足りない、もっと知りたいというお客さまも数多くいました。今回オープンさせたSTUDIYは、体験から学びへと、DIYのステージを一歩進めていただく場となることを目指しています」とのことだ。

※「DIY FACTORY」については、過去記事「大阪に登場したDIYショップ、初心者にも人気の理由をチェック!」、「二子玉川発! このGWは家族でDIYデビューしてみよう!」を参照

ポイント制なので、好きなレッスンを選択して学ぶことが可能

ターゲットはずばり20代〜30代の女性、“DIY女子”だ。

「DIY FACTORY STUDIY」がオープンした「なんばパークス」は、南海電鉄なんば駅に直結し200店舗以上のショップがそろう都市型複合施設。「DIY FACTORY STUDIY」が入居する5Fフロアにはインテリアや雑貨ショップ、ブックストア、さらには「ABCクッキングスタジオ」も入居しており、女性客も非常に多い場所。

レッスンはポイント制で、購入したポイントの範囲内で好きなカリキュラムを選択するスタイル。1コマは5人までの少人数制で、DIY FACTORYのスタッフが講師となる。カリキュラムの例を挙げると

■DIYの基本!これさえあれば超便利!電動ドリルの使い方

■壁にものをとりつけるには?壁の構造と、取り付け方法

■憧れのカフェ風のお部屋に変身!意外と簡単な漆喰塗り

■クールなかわいさを演出できる、アンティーク塗装のコツ…など。

まず基本コースで電動工具や木材加工、木材塗装の基礎知識と技術を学んだ後、希望にそった応用コースへと進んで行く。キッチンやリビングで実践しやすいレッスン内容が設定される予定だという。記者発表イベント当日は、「DIY FACTORY」のワークショップなどを通じて集められた“DIY女子”が参加し、漆喰塗りとタイルを使ったモザイク鍋敷きづくりの模擬レッスンも行われた。【画像2】記者発表イベントでは2つの体験レッスンが行われた。こちらは「タイルでつくるモザイク鍋敷き」コース。おしゃべりしながら、小さなタイルを敷きつめてオリジナルの模様をつくっていく(写真撮影/井村幸治)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。