体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新宿の新オシャレスポット! 都会のど真ん中で緑に癒される商業施設『NEWoMan』

記事の画像1 新宿南口にオープンした商業施設『NEWoMan(ニュウマン)』。今回は、第一弾でオープンした店舗&施設の一部をご紹介します。

新宿の新注目スポット『NEWoMan(ニュウマン)』って?

『NEWoMan(ニュウマン)』は新宿駅南口方面に新しく誕生した、LUMINE系列の商業施設。選りすぐりのショップやレストランのほか、文化創造空間『LUMINE0』や屋上菜園まで揃った、この春、大注目のスポットです。『EKINAKA/EKISOTO ZONE(4月15日オープン)』『FASHION ZONE』に分かれており、3月25日、『FASHION ZONE』が先んじてオープン。早速、ご紹介していきましょう。

ここでしか食べられない焼きたて絶品パンも! ベーカリー『Le PAIN de joel Robuchon』

まず、1階には焼きたて絶品パンを提供するお店『Le PAIN de joel Robuchon(ル パン ドゥ ジョエル・ロブション)』があります。

ここで提供されるパンは、フレンチの巨匠ジョエル・ロブション氏が監修したもの。フランスの伝統的なパンから、モダンなアレンジがきいているパンまで、豊富な種類のパンを、8時から22時まで販売。忙しい朝にも、仕事帰りの夜にも、パンの芳醇な香りに癒されること間違いなしのお店です。

ベーカリーショップの向かいには、カフェ『LE CAFR de Joel Robuchon(ル カフェ ドゥ ジョエル・ロブション)』を併設。

座席は店内に36席、さらにテラス席があります。営業時間はベーカリーと同じく8時から22時まで。ランチタイムはもちろん、ディナータイムにも、がんばった一日のご褒美として、足を運びたくなりますね。

NEWoMan~しっとり焼き上げたショコラ生地にエレガントなトンカの香りをまとわせて~ 1250円(税別)

そして、こちらのお店でぜひ食べていただきたいのは、『NEWoMan』のお店でしか手に入らないオリジナルのパン。ひとつめは、施設名称と同じ名前の『NEWoMan』。

3年に一度しか実らない実の中に、一粒だけ入っているという貴重な香辛料、“トンカ豆”を粉砕したものを、生地にたっぷりと練り込んであります。そんな“トンカ豆”は、バニラの数十倍ともいわれる甘い香りが特徴。マスカットレーズンの甘み、アーモンドの食感、そしてしっとりとした生地から溢れる甘美な香りを味わってみてください。

とろけるビーフの赤ワイン煮込み 400円(税別)

ふたつめは三ツ星レストラン『ジョエル・ロブション』のメニュー『牛フィレ肉 ポワレにし ロブション風ポテトのピュレ こくのある赤ワインソースと共に』からインスパイアされたパン。

1 2 3 4 5次のページ
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy