ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家入レオ、躍動感あふれるニューシングル「僕たちの未来」ジャケットビジュアルを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家入レオが5月11日発売のシングル「僕たちの未来」のアートワークも解禁! ホワイトとゴールドのワンピース姿の家入が躍動感あふれる動きと表情を見せる3種のジャケットでは、今までにない新たな側面をチェックすることができるので必見だ。

今回の楽曲とアートワークに関して家入は、「『僕たちの未来』は、未来に向かってみんなと一緒に歩いていきたい、という想いで作りました。今まで内省的な歌詞を書いてきた私から、「僕たち」というこれまでとは違った温度の言葉が自然と出てきて。ジャケットでも、私のパーソナルな部分を届けられたらと思いました。アートディレクターさんとお話して、今回はトランポリンで飛びながら撮影しようと。(笑) なので、本当に躍動感のある、自然体な表情の私を切り取ったジャケットになっています」とコメントしている。なお、初回生産分のCDジャケットは全てホログラム・ジャケット仕様になっている。

同時にカップリング収録楽曲のタイトルなども公表されたので、詳しくはオフィシャルHPをチェックしてみよう。

また、3日間にわたって開催の日本テレビ系『ZIP!春フェス2016』の初日に出演した家入レオ。ニューシングル「僕たちの未来」を約3,000人のオーディエンスを前に初披露した。

この日は欅坂46、ソナーポケット、ダイスケ、超特急ら計5組が出演、家入は4番目に登場。上下黒の出で立ちで登場した家入のステージは、”レオちゃんコール”が沸き起こる中、「Shine」からスタート。会場が熱い手拍子でひとつになった後、「春フェス楽しんでますか?次の曲は春フェスなのに夏の曲なんです。聞いてください」とコメント。ミディアムナンバー「君がくれた夏」のイントロが流れると会場からは大歓声があがった。

続いて披露された「Hello To The World」「サブリナ」の2曲では、家入が「一緒に歌って!!」とオーディエンスにマイクを向けながら熱唱すると、会場はとてつもなくホットで大きな一体感に包まれた。そして、「次が早くも最後の曲です。今日この場が初披露になります。4月スタートのドラマ『お迎えデス。』の主題歌にもなっています。聞いてください、『僕たちの未来』」と、MCして5月11日リリースの新曲をどこよりも先駆けて披露すると、会場に響き渡ったその、時にパワフルで時に優しい歌声が3,000人のオーディエンスを釘づけにする中、約25分という短いステージは幕を閉じた。

日本テレビ系土曜ドラマ『お迎えデス。は4月16日よりスタート。ドラマを盛り上げること必至な、前向きな希望に満ちた歌詞と壮大なコーラスワークが印象的な極上なポップチューンになっており、3月30日より早くも全国ラジオ局にても音源が解禁されていくのでぜひそちらでもチェックして欲しい。



カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP