体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知ってる!?エイプリルフールの新しい楽しみ方。「ポアソンダブリル」が買えるショップ3つ

フランスではエイプリルフールを「Poisson d’avril(ポワソンダブリル)=4月の魚」と言い、魚をモチーフにしたパイを食べる習慣がある。この時期のパティスリーには、魚の形をしたチョコレートやケーキ、パイが並べられ、それらのお菓子を食べたり、魚の形の紙をこっそり背中に貼るいたずらをしたりして楽しむとか。

日本でも、そんなステキなエイプリルフールを楽しもう、ということで、キュートな魚形のパイ・「ポアソンダブリル」を販売するお店が続々登場しているのでその中から3つ紹介しよう。あなたも春の訪れを告げるこの日の、新しい楽しみ方にトライしてみてはいかが?

1.【ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション】「ポワソン ダブリル フレーズ」
フレンチの名店のポワソンダブリルは、パイ生地にアーモンドクリームとカスタードクリーム、リュバーブのコンフィチュールを合わせ、フレッシュ苺をオン。甘みと酸味のバランスがすばらしい。4月1日(金)まで、恵比寿ガーデンプレイス店(03-5424-1345)、六本木ヒルズ店(03-5772-7507)、丸の内ブリックスクエア店(03-3217-2877)にて販売中。限定数100個(全店)、2,160円(税込み)。

 

2.【オリエンタルホテル 東京ベイ】「ポワソンダブリル」
東京ディズニーリゾート(R)・パートナーホテルのオリエンタルホテル 東京ベイが販売するのは、色とりどりのたっぷりフルーツが鮮やかなポワソンダブリル。ザクッとした食感の厚めのパイ生地と濃厚なカスタードクリームの相性もバッチリだ。販売は4月1日(金)~3日(日)、2階パティスリーにて。3,000円(税込)。受け渡し5日前までの予約制。予約は、Tel.047-350-8561(レストラン予約)まで。

 

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会