ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東映、Android向け放置ゲーム「仮面ライダーあつめ」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東映は 3 月 28 日、人気のスマートフォン向け放置ゲーム「ねこあつめ」を仮面ライダーバージョンにした Android ゲーム「仮面ライダーあつめ」をリリースしました。アプリは無料ですが、ゲーム中のアイテム “らいだま” などを購入する際は有料です。「仮面ライダーあつめ」も放置ゲームとなっており、フィールド上にサッカーボールやベンチを配置すると人々が集まって来るのですが、放っておくとショッカー “蜘蛛男” などの定番の敵キャラが出現します。そんな時に仮面ライダーを呼ぶことができる “心” をフィールド上に配置すると、仮面ライガーが登場し、ショッカー達をやっつけてくれます。ショッカーなどの敵を退治すると、“らいだま” を獲得できるので、新たにアイテムを購入して、さらにフィールド上に様々なアイテムを配置していきます。登場する仮面ライダーやボスキャラは図鑑に追加されていくので、コンプリートを目指すという楽しみ方もあります。また、登場キャラクターは、アプリのアップデートにより増えていく予定です。「仮面ライダーあつめ」(Google Play ストア)

■関連記事
Xiaomi Mi 5のグローバルモデルは3月31日に発売、まずはインドから
HTC、HTC Butterfly 3のAndroid 6.0アップデートを台湾で開始
Samsung、Galaxy 用ブラウザアプリ「Samsung Internet」にシークレットモードなどを追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。