ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Nの新機能をAndroid 5.0 / 6.0でも利用可能にするXposedモジュール「Android N-ify」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android の次期メジャーアップデート版「Android N」の新機能たちを Android 5.0 や Android 6.0 の古いバージョンで再現する Xposed モジュール「Android N-ify」がリリースされました。Android N-ify は、Android 5.0 や Android 6.0 に Android N の新機能を移植していくという取り組みの中で生まれた Xposed モジュールです。Xposed モジュールなので、root 化済みの端末でしか利用できません。現在移植されている機能のは、設定メニューのサマリー表示のみで、他の新機能は今後移植される予定になっています。具体的には、マルチタスクボタンでのアプリの切り替え、設定メニューのスライドメニュー化、Android N 版 Doze モードへの対応(動いている間でも機能する)、ナイトモード、通知レイアウトなどが移植予定です。一方、マルチウィンドウや DPI 変更機能などの移植不可能とされるものもありますので、全ての機能が移植されるというわけではありません。Source : XDA

■関連記事
BlackBerry Privをソフト文鎮やカスタムROMから工場出荷時の状態に戻すためのファクトリーイメージが公開
Android版OneDriveがv4.0にアップデート、紙媒体のでデジタルデータ化が可能に
Sony Mobile、Xperia XやXperia Earなどの予約前登録受付を海外で開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP