ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

La PomPon、新たな食の観光スポット「六本木横丁」の最年少応援団に任命

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本格派ダンス&ボーカルグループ・La PomPonが、3月23日に東京・六本木に新たな食の観光スポットとして誕生した「六本木横丁」の鏡開きオープニングセレモニーに登場し、最年少応援団として任命された。

3月23日は彼女達のダブルAサイド4thシングル「運命のルーレット廻して/サヨナラは始まりの言葉」のリリース日当日とあり、セレモニーでは六本木の街の活性化と「六本木横丁」OPENの盛り上げ、そして、横丁で働くSTAFF達を元気付ける!!という思いを込めて、4thシングル収録曲(初回限定盤)の「ろっぽんぎ体操」を、はつらつと披露した。

La PomPonにとって「六本木」とは事務所があることはもちろん、活動の為に通い続けた活動拠点となる大切な街である。今回「六本木横丁」がOPENし、食を通して、よりたくさんの人がこの街に集まり国際観光都市「六本木」が盛り上がっていくことにメンバーも多いに喜んでいた。そんな中、最年少応援団という大きな使命を受け、メンバーのKARENは、「今後さらに『六本木横丁』を始め、六本木の色々な企業やお店の方を巻き込み、一緒に盛り上げて行きたいと思います!!」と元気に誓った。

先日リリースされた「運命のルーレット廻して/サヨナラは始まりの言葉」が3月22日付けのオリコンデイリー8位に入るなど、ますます加速し続けるLa PomPon。2016年も注目必須のグループであることは間違い無いだろう。


カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP