ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肌に貼るだけで血糖値を測定&投薬!画期的なパッチが5年以内に実用化へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現代病とも言われる糖尿病。患者は世界的に増えていて、日本も例外ではない。

厚生労働省の調査によると、2014年の日本の糖尿病患者は316万人超。予備軍も合わせると、かなりの数に上る。

この糖尿病治療に、革新をもたらしそうなパッチを韓国の研究者らが開発した。貼るだけで血糖値を測定してスマホにデータを送信、そして自動的に薬を注入するというものだ。

・汗で血糖値を測定

糖尿病の治療法のひとつに、インスリンを注射する薬物療法があるが、これには採血したり注射を打ったりと痛みや煩わしさが伴う。今回開発されたパッチはこうした悩みを一挙解決する。

パッチにはセンサーと極細の針が付いていて、まずセンサーが患者の汗などで血糖値を測定し、そのデータを連携するスマホにワイヤレス送信する。

・針先が溶けて薬注入

そして血糖値が高ければ、今度はスマホから投薬を指示する信号がパッチに送られる。信号が送られるとパッチ内のヒーターが熱を持ち、針の先が溶けて薬が体内に注入される仕組みだ。

針は非常に細いものを使っているため、患者は薬注入時、ほぼ痛みを感じないという。

このスマートパッチ、すでにプロトタイプが出来上がり、研究チームはその成果を専門誌Natureにこのほど発表した。5年以内に商品化される見通しという。

Nature

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP