ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

34年に渡って町田のラーメンシーンを牽引する東京ラーメンを食す! @『七面』町田市

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さて、カレーも好きだがラーメンも大好きな筆者が注目する『最強ラーメンFes』が東京都の町田市で開催されるということで、超個人的に町田特集的な何かを思いつきました。

一般世間のラーメンフリーク達が、普段はさして注目する要素のない町田市で行われるラーメンのイベントに注目するであろうと考え、この機会に便乗してPVを稼ごうと言うゲスい作戦で御座います。

町田駅前のディープスポット『仲見世商店街』

とりあえず『まほろ駅前多田便利軒』の元ネタ、かつロケ地として微妙に名を馳せた町田市ですが、あえて言おう!

「町田市は東京都! 神奈川県じゃない!!」

常に隣の相模原市と比較される町田市は、ほぼほぼ神奈川県と言っても過言ではないロケーションにあり、正直なところ東京23区よりも神奈川県の方が身近な存在で御座います。

しかし!

一応は東京都なので、あまり町田市をイジめないで下さい。お願いします。

そんな微妙な町田市で人気のスポットと言えば、ぶっちゃけ何もないのですが、もしかしたら仲見世商店街とかちょっとノスタルジーに浸れる雰囲気があり、それなりに行列店もあったりするのでオススメです。

その中でも『七面』(しちめん)は34年の歴史があり、まさに町田のラーメンの歴史そのものと言っても過言ではありません。

この看板のウェザリング具合も半端なく、町田のラーメンマニアであれば必食の店で御座います。

冷やし中華もオススメである!

ちなみに筆者の夏は『七面』の冷やし中華と共に始まります。

少々お高い冷やし中華ではありますが、具材も麺も超山盛りなので満足感もマックスです。

飲食店で読む『鬼平犯科帳』は至高!

そんな『七面』で今回食べるのは、普通のラーメンで御座います。この普通な所がミソでして、昔ながらのシンプルな醤油ラーメンを『仲見世商店街』で頂くのがポイントです。

そして!

町の定食屋さんやラーメン屋さんに欠かせないさいとう・たかをですが、この日は『ゴルゴ13』ではなく『鬼平犯科帳』をチョイスです。

『七面』のラーメンを食す!

整いました。

まさに店の入り口に貼ってあるポップ通りの、昔懐かしい純粋な”東京ラーメン”で御座います。

あくまでも町田市は東京都だぞっていう地味なアピールと共に、今も昔ながらの味を守り続けているのです。

シンプルな醤油味のスープ

ラーメンの原点とも呼べる中華そば、まさに東京ラーメンと呼べるスープは昔懐かしい味ですね。ラーメンの原点とも呼べるシンプルなスープは、わずかに生姜も香り食欲をそそります。

必要最小限の具材でスープは構成されているので、最近のラーメンスープの様な複雑さや奥行きは無いのですが、まさに”研ぎ澄まされた味”とも呼べるキレがあります。

デフォルトで胡椒が入っているのですが、このラーメンには胡椒が抜群に合いますね。

自家製麺の『七面』

『七面』の麺は特にコレといった美味さはありませんが、まさにオーソドックスな中華麺といった感じです。

手揉みで縮れを加えた細麺はスープの運びも良く、昔ながらの麺にしてはカンスイ臭くないので、繊細なスープとの組み合わせは最高かと存じます。

質の高い『七面』の具材

「メンマの美味いラーメン屋は間違いない!」

との持論を展開する筆者ですが、この法則は『七面』にも当てはまります。丁寧に仕込まれたメンマは太く、適度な歯ごたえがあり、まさに”メンマ”の美味しさを堪能出来ます。

チャーシューも柔らかく煮込まれていて、箸で持ち上げようとすると崩れるくらいです。

若干、最近の低温調理されたチャーシューと比べると、ジューシーさは劣るかもですが、昔ながらの東京ラーメンという事であれば、コチラが正解かと思われます。

小松菜の緑も鮮やかで、薬味としての慎ましさを超えないボリュームの長ネギ、控え目に添えられた海苔と盛り付けのバランスも良く、ラーメンとしての完成度の高さをうかがう事が出来ます。

『七面』 総評

ここ数年の町田ラーメンの盛り上がりは、日本でもトップクラスの伸びと言っても過言ではありません。

町田市内であれば日本一の塩ラーメン『進化』、多彩なレギュラーラーメンと限定ラーメンを展開する『天国屋』、青葉の味を継承する『ヌードルズ』のつけ麺、ほぼほぼ『基』な『81番』、これら個人店に加え『蒙古タンメン中本』まである町田市は、確実に隣の相模原市を超えています。

そんな町田で昔懐かしいラーメンを食べるとしたら、どの店がベストでしょうか?

その答えが『七面』にあります。

突出した個性こそないものの、昔ながらの味を守り続け、30年に渡って丁寧な美味しいラーメンを提供し続けています。

是非、みなさんも町田にお越しの際には『七面』のラーメンを試してみて下さい。きっと気に入ると思いますよ。

『七面』(しちめん)

住所:東京都町田市原町田4-5-19

営業時間 11:30~19:00 火曜日 11:30~17:00
定休日:水曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP