ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Tab Sタブレットの新型「SM-T713」「SM-T719」はSnapdragon 652を搭載した8インチタブレット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy Tab S タブレットの 2016 年モデルと見られる「SM-T713」「SM-T719」が GFX Bench に登場しました。SM-T71X の型番は昨年の Galaxy Tab S2 に割り当てられているので、今回の 2 モデルはスペックを変えているので、Galaxy Tab S2 をベースにした 2016 年向けハイエンドタブレットだと見られています。同サイトによると、両モデルは 8 インチ 2,048 x 1,536 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 652 1.8GHz オクタコアプロセッサ、2.7GB RAM、24GB ROM、背面に 700 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラを搭載しています。OS は Android 6.0 Marshmallow です。Samsung は SM-T713 / SM-T719 のほか、ほぼ同じスペックの 9.7 インチタブレット「SM-T813」「SM-T819」も開発しています。Source : GFX Bench

■関連記事
プラスワン、月々399円+税~の国内通話かけ放題SIMパッケージ「FREETELでんわ」を発売開始
NetFlix、Androidアプリでのデータ転送量を抑える「データセーバー」機能を5月に提供へ
Nextbit Robinの日本語への対応状況をチェック

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP