ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

充電性能のチェックアプリ「Ampere」が最新ベータで日本語表示に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンの充電状況を確認できる Android アプリ「Ampere」が最新のベータ版(v2.00.2 Beta)で日本語表示に対応しました。Ampere は、充電時の電流値を計測する機能を中心に、端末情報やバッテリー情報、USB ケーブルの対応電流値など、充電にまつわる様々な情報を確認できるアプリです。端末の充電性能の確認、モバイルバッテリーや USB 充電器のテストに役立ちます。これまで Ampere は日本語環境だとテキストは英語で表示されていましたが、最新のベータ版でほぼ完璧に日本語化されました。Ampere で表示される情報は専門用語が多いので、日本語化されたことでメニューの表示内容や機能名を理解しやすくなったと言えます。

■関連記事
Google、GmailにセーフブラウジングやTLS非対応の警告、サイバー攻撃の兆候を表示するセキュリティ機能を追加
バンナム、歴代の仮面ライダーが登場するAndroidゲームアプリ「仮面ライダーバトルラッシュ」の事前登録を開始
アビカ、AndroidベースのHDMIレコーダー「アキバコンピューター(ABC-o33)」を値下げ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP