ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「ATOK for Android」がアップデート マルチタッチ入力に対応し英字テンキーの右フリックに文字を割り当て可能に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ジャストシステムの日本語入力アプリ「ATOK for Android」がバージョン1.0.4にアップデートされました。今回のアップデート内容は以下の通り。

1. QWERTYキーボードでマルチタッチ入力が可能になった。Android 2.2以上のマルチタッチ対応機種で利用可能。「入力補助」→「マルチタッチ」が追加されており、ONにするとシフトキーを押しながら文字キーを押すことで大文字を入力できるようになります。マルチタッチ入力に対応したことで、高速な文字入力時の取りこぼしが軽減されるそうです。
2. QWERTYキーボードの日本語ローマ字入力で、「DW」、「Q」、「WH」が日本語に変換されるようになった。
3. テンキーの英字入力で各キーの右フリックキーに文字を割り当てられるようになった(今までは空きだった)。「入力補助」→「英字キーフリック」から割り当て文字を選びます。
4. カナ英数候補に「/」区切りの日付候補が追加。
5. 絵文字や顔文字、記号パネルのカテゴリ文字が小さすぎる場合がある事象の改善。
6.ATOKダイレクト for マッシュルームの履歴に同じアイコンが複数表示される場合があるという事象の改善。
「ATOK for Android」(マーケットリンク)


(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola DROID 4のコードネームは”Maserati”らしい
本日9月28日より「イマドコサーチ」と「イマドコかんたんサーチ」の検索機能がspモード対応スマートフォン全機種に対応
ソフトバンク、シャープ製「003SH」「005SH」に後日実施されるAndroid 2.3バージョンアップに必要なソフトウェアアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。