ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エソラ池袋に進出! ブルックリン発のコーヒーショップ『GORILLA COFFEE』日本2号店がオープン

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ベイクルーズが運営するブルックリン発で渋谷で話題を集めるコーヒーショップ「GORILLA COFFEE(ゴリラコーヒー)」の日本2号店が、エソラ池袋で3月24日(木)に開店するのに先立ち、一足先に店舗とメニューの一部を紹介する。
なお記事執筆時点では記者の独占取材となるとのこと。

「GORILLA COFFEE」は、”力強くインパクトのあるコーヒー” をコンセプトに、2002年NY・ブルックリンで創業。オー ナーが直接生産地で買い付けるフレッシュで個性的な豆をミディアムローストし、独自のばい煎により力強い味わいに仕上げるのが特徴。


場所は各線池袋駅直結のエソラ池袋1階にあり、外からはもちろん、地下鉄からは4番出口エスカレーターからの直結となる。

すでに渋谷にも店舗はあるが、池袋店限定のコーヒー豆もある等、工夫を凝らして差別化を図っている。

コーヒーはもちろんだが、瓶入りのドリンクも一般には見かけることが少ないものもある。
ケーキやドックは見た目からしてボリュームたっぷりで、ゴリラの名がそれを表すのかどうかはわからないが、がっつり食べられそうな印象を受ける。

店内は、テーブルやカウンター、ハイテーブル、ソファー等の様々なスタイルで楽しめる構造になっている。

また、カウンター席のほぼすべてにグランド(アース)端子付きの100ボルトACコンセントが備えられ、ビジネス目的での利用も十分考慮されている。

ビールは米国産のラガー系のものや、流行のクラフトビールを置いてあり、仕事帰りにオシャレにちょっと一杯という使い方もできる。

女子向けに限ったことではないが、スプーンで食べる「ジャー イン ブレッド」は、特製のマフィンに甘酸っぱいソースをかけてある意外とがっつり食べられるスイーツ2種。
そして、ラテアートも鮮やかなコーヒーは酸味がちょっぴり強いので、ラテにするとまろやかな味わいとなる。それでも量は比較的多いと思われる。

男子向けとして記者がチョイスしたのは、「ゴリラドッグ」とアイスコーヒー。
これはかなり食べごたえがあった。たっぷりと掛けてあるフライドオニオンが香ばしいアクセントで、食欲をそそる。
ちなみに、テイクアウトもできるがパンであるので冷めると多少は硬くなる。ところが、この硬さがそれはそれで美味しく店舗内ではふっからドッグ、テイクアウトで多少冷めてしまってもあごを使ってがっつりかぶりつく。どちらもおススメなので、時計と相談してそれぞれのスタイルで楽しんでみてはいかがだろうか。

オープンキャンペーンとして同店では3月24日(木)から27日(日)の4日間で毎日11:00より、ドリンクまたはフードを注文の先着100名に、オープンノベルティとして限定トートバッグ、ドリップ用スモールパック 2種(ルワンダ、コロンビア)、コーヒーフリーチケット、オリジナルステッカーをプレゼントするとのこと。詳細は店舗で尋ねてほしい。

※写真はすべて記者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP