ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

30歳で年収1000万!?出世する男性を見抜く5つのポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、トイアンナです。結婚するときに経済力を重視する女性が多いようですが、具体的にどれくらいの年収を求めていますか? 友達と話していると「年収はそこそこでいいよ~。1000万円なんて高望みだから、600万円くらい?」と言われてずっこけることがあります。

いわゆるアラサー男性の平均年収は、300万円台。それも正社員だけの調査なので、派遣社員の男性なら200万円台もザラにいます。もし高収入な男性を600万円とするならば、狙っている年収はなんと倍。捕まえるどころか、出会うだけでも至難のわざです。

ですから、ここは発想を変えて「これから成功しそう」な男性を狙いませんか? 今年収が600万円の男性は、女性から引っ張りだこで、狙うのは大変かもしれません。ですが「これから年収がぐんぐん上がる、見込みがある男性」を知っておけば、彼と一緒に成長してゆける喜びもあります。

そこで今回は、実際にビジネスで成功した人たちから伺った「デートで分かる成長株の男性」の見抜き方をお伝えします!

 

1. 返信速度は24時間以内

出世する人ほど、連絡がつきやすい。これはビジネス上よく言われます。もし何かを依頼するときでも、A社とB社、同じ成果が期待できるなら「返事が早い」ほうが選ばれるからです。

 

女性に対する返信速度も同じこと。もしあなたを逃したら別の男性にデートの予定を奪われるかもしれない。そんなチャンスを逃さない人だからこそ、返信はマメにくれるはず。ただしあまりにもマメな男性には要注意です。寂しさを心に抱えて、あなたに埋めてもらいたがっているメンヘラ男子かもしれません。あくまで「1日以内に返事が来たら」くらいの構えでいきましょう!

 

2. 食事の提案を複数出せる

優秀なビジネスパーソンは、上司へ提案するときに3つ以内の選択肢を出すことで「相手の心理的負担を減らしながら選ばせる」ことを得意としています。上司からすれば「俺が選んだ」と思えますが、実際はどの選択肢も彼の想定内。うまく上司をコントロールできてしまうのです。

これもデートで使いこなせるテクニック。「ごはん、どうしよっか?」と言われたときに、もし彼が3択くらいの選択肢を出してきたら相当仕事ができる男性です。

 

3. 会ってくれてありがとうのフォロー

よく仕事では、打ち合わせの後に「今日はありがとうございました」とお礼を送ります。仕事ができる人ほど、お礼の文章がテンプレートっぽくなくて心を動かしてくれるものです。

デートでもそれは同じ。単に「今日はありがとう!」だけでも嬉しいですが、さらに「●●ちゃんのこういう話が面白かった」など個人的なメッセージがついているお礼を送れる男性は、仕事でも同じように取引先と打ち解けているはずです。

 

4. 負けん気が異様に強い

いくら仕事ができても、出世欲がなければ手に入れられるものも逃してしまいます。出世する男性は、心に秘めた「負けないぞ」という気持ちがあるものです。表立って嫉妬するのは子供っぽいかもしれませんが、同期の成果を超えてやると頑張っていたら期待大。

デートでもちょっとしたじゃんけんや、オセロといった簡単なゲームで「負けないぞ」とやる気を出す彼はビジネスでもきっと似た行動を取っています。出世欲を知るために、簡単な勝負を振ってみるのもいいかもしれません。

 

5. コンプレックスを持っている

負けん気を持つ動機に繋がるのが、コンプレックスです。一見悪いことのように見えますが「あの時の悔しさ、取り返してやる」と頑張れるコンプレックスがあるのは素晴らしいことです。

ただしコンプレックスをあなたにぶつけて「どうせ俺なんて」と愚痴ったり「お前だってどうせ俺を馬鹿にしてるんだろう」と言い出したりする男子は論外です。あくまでコンプレックスをバネに上昇志向がある男性を選びましょう。

 

おわりに

ここまで、出世できる彼の特徴をまとめてまいりました。あなたの彼はいかがでしょうか?もしこの項目にあなた自身が当てはまるなら、彼の出世よりあなたが大黒柱になるのもアリかもしれませんよ。あなたの恋、応援しています!

ライター:トイアンナ
トイアンナのぐだぐだ(http://toianna.hatenablog.com/

 

関連記事リンク(外部サイト)

これなら「はい」と答えちゃう!究極のプロポーズ事情2016
<心理テスト>私ってどんな女??あなたの恋愛感をチェック!
恋人になれても「結婚は無理」と思われてしまう女性の、隠された特徴5つ
【調査】男性の約80%が「女って面倒…」と回答。面倒と感じるのはこんな時!
こんな男性いるいる!合コンあるある第二弾「プロ幹事」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP