ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベルギーでテロが起きた今こそ必要!VRのゲームを通じて相互理解を深める試みに欧州委員会が約2億5000万円を出資

DATE:
  • ガジェット通信を≫

つい先日ベルギーでテロが起き、世界中の人々に衝撃を与えている。

人々がお互いに歩み寄り、理解し合おうとすることが大切だが、相互理解を促し、平和維持のスキルを高めるため、“ビデオゲーム”という形態を採用しようという試みに、ダブリン大学トリニティ・カレッジのチームが取り組んでいる。

・VRのオンラインRPGゲームを通じて学ぶ

それが「Gaming for Peace」という、バーチャルリアリティのオンラインロールプレイングゲームだ。ゲーム開発の目的は、プレイヤーにコミュニケーション能力、異文化への感受性、異性への理解といった、対人関係、平和維持に役立つスキルを教授すること。

特に、EUの軍隊、警察、官僚といった、紛争地帯に配属され、任務を遂行するような人々への教育ツールとして活用されることが期待されている。

・アバターは実際の自分とは敢えて異なるキャラクターに

プレイヤーはまず、ゲーム内で自身の分身となるアバターを決定するが、本来所属している組織とは別の所属となり、性別や国籍が現実の自分とは異なるケースも多い。

プレイヤーはアバターを通じて、アフガニスタンやパレスチナ、リビアなど、紛争地帯で起きるさまざまなシナリオに挑戦していく。

・自身の体験をゲーム開発に活かせる

敢えて現実の自分とは異なる視点で、紛争と直面せざるを得ない状況となることで、コミュニケーションの大切さ、協調性、異文化の許容、異性への配慮など、普段の生活ではなかなか見えてこない、数多くの体験を通じ、学びを深めていく。

また、プレイヤーはゲームの評価をおこなうことができ、自身の平和維持の体験を、今後の開発へ活かせるようになっている。

・欧州委員会の支援を受け、2018年に完成予定

「Gaming for Peace」は、欧州委員会から200万ユーロ(約2億5000万円)の資金を集めて開発が進められており、2018年までに完成させたい意向。人々の意識啓蒙が、争いを減らし、失くす力にきっとなるはずだ。

Gaming for Peace

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP