体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『アーロと少年』で最高にイカす「Tレックス一家」を熱演! 松重豊・片桐はいり・八嶋智人インタビュー

IMG_0004

巨大隕石の墜落による恐竜絶滅が起こらなかった世界、恐竜が地上で唯一言葉を話す種族として存在していた……。甘えん坊で弱虫の末っ子アーロと孤独な少年スポットとの心の触れ合いを描いた『アーロと少年』は、ディズニー/ピクサー最新作として大ヒット上映中です。

劇中で、アーロとスポットは旅の途中にTレックスの一家と出会います。大きくて強くて怖いイメージのあるTレックスです、本作ではとてもお茶目でキュートな姿で描かれているのが魅了的。父親のブッチを松重豊さん、姉のラムジーを片桐はいりさん、弟のナッシュが八嶋智人さんが演じています。今回は、松重さん、片桐さん、八嶋さんの3名に作品についてインタビュー。本作の魅力から、好きなピクサー作品まで、色々とお話を伺いました。

T-rex-1024x429

─『トイ・ストーリー』から昨年の『インサイド・ヘッド』まで、素晴らしい作品揃いの「ディズニー/ピクサー」ですが、今回ピクサー作品の吹き替えが決定した時はどんなお気持ちでしたか?

八嶋:声優の仕事をあまり経験しているわけではないので、最初にお話を聞いたときは嬉しかったですね。またアフレコする際、まだ完成している絵では無かったので、ラフ絵の状態で声をあてて。どんな映画になるのだろうと、ドキドキしました。

松重:「ディズニー/ピクサー」は『トイ・ストーリー』の頃、一緒に舞台をやっていた唐沢君(唐沢寿明さん)が主人公を演じることを聞いていたので「いいなぁ」と思っていましたね。(ピクサー作品に)もっと早くにオファーしていただければ息子に自慢できたのに、それができず悔しいです(笑)。息子はもう成人しているから、今回の話をしてもリアクション薄くて腹立つんですけど。でも一緒に観に行くことになりました。孫が生まれた時に観せて「おじいちゃんの声は恐竜だね!」と言われたら素敵だと思いますね。

片桐:私が物心ついて初めて観たのがディズニー作品の『101匹わんちゃん』だったのでディズニー作品に参加できるのは嬉しいですね。後、ちょうど友人と「恐竜」について話していたらオファーをいただいたのでびっくりしました。

─作中で印象的に残っている場面やキャラクターのセリフはありますか?

八嶋:僕は松重さんが演じるブッチの「怖さを受け入れろ」という言葉ですね。アーロのパパは「恐怖を克服するために頑張れ」と言って事故に遭ってしまいますが、この言葉の前フリになっている。この言葉は大人の方が響く気がしますね。それとアーロ役の石川樹君が素晴らしいですね。

松重:アーロと少年・スポットは、劇中言葉を交わすシーンがありませんが、2人は言葉を必要とせず友情を獲得します。そんな、「相手を許して受け入れる」という場面が、特に印象に残っています。人間は言葉を駆使しても「お互い理解できない、許せない」という行為に満ち溢れてる。それを言葉ではなく、お互いの関係性の中で近寄っていくことが「言葉の無さ」の強さだと思います。逆に僕らは言葉を使って何もできない無力感を感じますし、そういうところが観られて面白いなと思いました。

片桐:私達が演じたTレックスは肉食獣で一番強い恐竜じゃないですか。そんな恐竜にも怖いものがあるのはいいなと思いましたね。また、アフレコの前に「この少年は誰がやるんですか?」と聞いたら「声は無いです」って言われて(笑)。でも人間はこれくらい言葉がない方が、よりたくましく本能的に動けるんじゃないかと思わされました。

─ご自身が演じられたキャラクターの愛すべきポイントを教えてください。

八嶋:ナッシュはドジなところですね。でも失敗じゃないとごまかしている感じが僕と共感できます。だから自分を見ているようで好きですね。適材適所なキャスティングだと思いますよ(笑)。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。