ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iOS9.3の新機能「Night Shift」はAndroidなら「ブルーライト軽減フィルター」アプリで再現できます

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日の iOS 9.3 の発表時にこのバージョンにおける新機能として、ブルーライトをカットする「Night Shift」が発表されました。Android には標準では組み込まれていませんが(Android N に実装されています)が、1,000 万ダウンロードを突破している Android アプリ「ブルーライト軽減フィルター」ならほぼ同じことを実現できますよ。iOS 9.3 の Night Shift は、ディスプレイの色合いを暖色系に調整してディスプレイが発する光のうち、波長が紫に近い青を抑制して目の疲れを軽減するというものです。時間や位置情報を利用して現在地の日の入りの時刻を推定し、自動的にフィルターを適用するところが大きな特徴です。今回紹介する「ブルーライト軽減フィルター」に Night Shift と全く同じ自動適用機能はありませんが、スケジュール機能を使うとフィルーターを自動的に適用・解除するので、実質的には同じことを行えます。また、「ブルーライト軽減フィルター」の場合はブルーライトカット率を 0 ~ 95% の範囲で調節できるので、カット率を高めたり(画面は見づらくなりますが)、フィルターの色を変更して自分の見やすい色合いに調整することもできます。ただ、基本機能は無料で利用できますが、一部の機能は有料オプションとなっているので、全機能を利用刷るにはお金がかかります。「ブルーライト軽減フィルター」(Google Play)

■関連記事
Google Playミュージックのアプリにプレイリストへの重複登録時を防止する新機能が追加
HTC One M10 / HTC 10は4月12日に発表、今回はオンラインイベントで発表か?
おそらく出ない「Xperia Z6」のハイクオリティなコンセプトデザイン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP