ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

志磨遼平率いるドレスコーズ、盟友おとぎ話と共に“レア曲を葬る”ツアーで見せた独りの代償

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 紆余曲折を経て志磨遼平のソロプロジェクトとなったドレスコーズが、“レア曲を葬る”と銘打って盟友 おとぎ話をサポートに全国を巡ってきたツアー【the dresscodes R.I.P. TOUR】のファイナル公演を3月19日、神奈川 横浜ベイホールで開催した。

ライブ中の写真 計11枚

 昨年秋にリリースしたアルバム『オーディション』では、沙田瑞紀(ねごと)、マーヤ(KING BROTHERS)、オカモトコウキ(OKAMOTO’S)、牛尾健太(おとぎ話)、會田茂一、近藤研二、有島コレスケ(0.8秒と衝撃。、 told、スズメーズ、BOYLY Entertainment)、ピエール中野(凛として時雨)、中村圭作、長谷川智樹ら一線級のミュージシャンが多数参加。ライブでもその都度、様々なサポートメンバーがドレスコーズに“加入”する異色スタイルでの活動が続いている。

 そんな中、前身の毛皮のマリーズ活動期からの盟友で前述通り『オーディション』にも参加していたおとぎ話をサポートメンバーに、浜松、広島、神戸、新潟、盛岡と巡ってきた今回のツアーも異色と言えるだろう。“R.I.P.”と題してレア曲を葬る。それはファンなら必見のステージとなり、この日の横浜公演を含め全公演がチケット完売となった。

 ライブはドレスコーズの元メンバー 菅大智による前説から、毛皮のマリーズの1stフルアルバムとして2006年にリリースした『戦争をしよう』収録曲「BOYS」よりスタート。マリーズのメジャーデビューを飾ったセルフタイトルアルバムからの「COWGIRL」、歴史的名盤と誉れ高い3rdフルアルバム『Gloomy』収録の「小鳥と私」と、過去に発表したレア曲を立て続けに演奏していく。

 「報われなかった曲だけを演奏するために来ました」と挨拶した志磨。中盤には「一音も聴き漏らさないように、超集中して聴いて。超集中してやるわ」といたずらっぽく笑うと、メドレー形式でメロウな名曲を畳みかけ、かつてそのタイトルをもって毛皮のマリーズ解散を発表した衝撃作『THE END』収録の「JUBILEE」で、古くからのファンの涙を誘う。

 サポートを務めたおとぎ話が、自身らのアルバム『CULTURE CLUB』収録の「COSMOS」を演奏するアクトで始まった終盤戦。新旧取り揃えた“裏ベスト”とも言うべき選曲は最後まで続き、本編ラストの「BABYDOLL」では、6年前の発表時から期待していたが結局一度も起きなかったというサビでのコール&レスポンスを、志磨自らレクチャーする珍しい一幕も。後に訊いた話では、これがおそらく初体験とのことだ。

 アンコールにも応えた志磨は、「おそるべし、昔の僕」とおどけて笑いを誘う。そして最後の1曲にセレクトしたのは、他のメンバーが脱退したドレスコーズが初めて発表したアルバム『1』でもラストトラックに選ばれていた「愛に気をつけてね」だった。

 当時の心境をそのまま書きなぐったかのように攻撃的で自虐的な言葉の応酬に、観客が「Baby Baby あんたなんか」と呼応する。志磨は「うるせー!」と絶叫し、ツバを吐き散らしながら客席へ。汗と涙、笑顔と泣き顔が入り乱れた軽薄かつ感動的なその光景は、志磨遼平が再び独りを選んだ代償に得た掛け値ない瞬間と言えるのではないだろうか。

 なお、ドレスコーズは今後も多数のライブが決定しており、4月22日にはZepp DiverCity TOKYOでNICO Touches the Wallsのツアー【ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ フェスト ’16】に出演。5月26日と27日は名古屋と大阪で大森靖子と、6月10日には東京 恵比寿LIQUIDROOMでGLIM SPANKYと、それぞれ共演することが発表されている。

Photo by HAJIME KAMIIISAKA

◎【the dresscodes R.I.P. TOUR】
2016/03/19(土) at 神奈川 横浜ベイホール
[セットリスト]
01.BOYS
02.COWGIRL
03.小鳥と私
04.或るGIRLの死
05.レモンツリー
06.(She gets) the coat.
07.Silly Song, Million Lights
08.嵐の季節(はじめに)
09.平和
10.JUBILEE
11.COSMOS / おとぎ話
12.上海姑娘
13.メロウゴールド
14.クライベイビー
15.BABYDOLL
En1.ベイビー・モートン
En2.愛に気をつけてね

◎ドレスコーズ ライブ情報
【ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ フェスト’16】
4月22日(金) 東京 Zepp DiverCity TOKYO
共演:NICO Touches the Walls
【Barbate Rock 5th Anniversary ~Hige Mirage~ Powered by QUATTRO MIRAGE】
5月26日(木) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
5月27日(金) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
共演:大森靖子
【HOTSTUFF presents TUMBLING DICE 5】
6月10日(金) 東京 恵比寿LIQUIDROOM
共演:GLIM SPANKY
※オープニングアクト有り

関連記事リンク(外部サイト)

EVIL LINE RECORDS主宰 兼 チーフ・プロデューサー 宮本純乃介「CHART insight」インタビュー
ビルボード週間シングルチャートはKis-My-Ft2が首位堅守、防弾少年団や『おそ松さん』EDなども上位へ
いきものがかり メンバー選出ベスト10.9万枚でビルボード週間1位に、大滝詠一32年ぶりニューアルバムも躍進

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP