体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

相模原で人気の『塩とんこつらーめん』を食べに行ってみた @『蓮花』相模原

renka008_R

神奈川県の相模原市には豚骨ラーメンの文化があるというか、割とガッツリ系のラーメンが流行る傾向があります。

横浜の家系がブレイクした時には、相模原にも豚骨醤油ラーメンの波が押し寄せた影響もあり、ほぼほぼ豚骨醤油ラーメンの街と言えるでしょうか?

最近では相模原のラーメンも多様化していて、例えば『貝ガラ屋』みたいな貝出汁ラーメンもあったり、繊細な鶏出汁の『らーめん屋小川』(旧 葉月)も復活したりと幅広いラーメンを楽しむ事が出来ます。

そんな相模原でも人気があるのが、古淵駅の近くにある『蓮花』(れんか)です。

塩豚骨ラーメン『蓮花』

renka007_R

豚骨醤油ラーメンで育った相模原市民は、比較的”豚骨ラーメン”に対しては馴染みがあります。例えば博多ラーメン系の『六角堂』も豚骨ですが、意外と筆者の周りで人気があります。

そんな豚骨ラーメンにうるさい相模原、しかも古淵という微妙な立地にありながらも人気があるのが『蓮花』で御座います。

renka018_R

『蓮花』の公式ホームページによると材料は国産にこだわっていて、スープもガラを丁寧に洗って丁寧に灰汁を取り、長時間煮込んだ後に二度漉ししているそうです。

『塩とんこつらーめん』を食す!

renka009_R

というわけで、噂の『蓮花』で『塩とんこつらーめん』(680円)を食べてみました。

renka012_R

盛り付けのセンスは良い感じで、最近のラーメンらしくまとまっています。白髪葱や糸唐辛子もシャレオツで御座います。

renka011_R

『蓮花』の最大の特徴とも言える”塩豚骨”なスープの方ですが、豚骨ラーメンとは思えないほどにあっさりというかクリアというか、臭みのないスープに仕上がっています。

renka010_R

「豚骨ラーメンの臭いが嫌い」

という人でも、この『蓮花』の『塩とんこつらーめん』であれば、意外とイケちゃう予感です。

『塩とんこつらーめん』は細麺である!

renka013_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。