ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歴史的和解の影響!全世界の人がキューバでAirbnbを利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、オバマ大統領が現職のアメリカ大統領として88年ぶりにキューバを訪問した。そのキューバで、民家を貸し借りできるオンラインサービス「Airbnb」を誰でも自由に使えるようになった。

米国とキューバ間の行き来が容易になる中で、民泊を利用しながらキューバを旅する人の増加が見込まれる。

・「米国からの旅行者限定」規制を緩和

今回の歴史的訪問に伴い、Airbnbは政府から特別な営業許可を得たと明らかにした。

昨年の4月以来、Airbnbは許可を受けてキューバでサービスを開始したが、利用できるのは米国からの旅行者のみに限定するという縛りがあった。

しかし今回の許可ではその縛りがなくなり、4月2日から全世界の人が自由にキューバでAirbnbの民泊を利用できる。

・熱いマーケット

Airbnbにとって、キューバは世界で最も急速に成長しているマーケットなのだという。

サービス開始当初、民家など登録滞在先は1000軒だったのが、今では4000軒となり、これまでの利用者数は1万3000人にのぼる。

Airbnbとは別に、米ホテルチェーン大手マリオット・インターナショナルもこのほど米政府による許可を受け、キューバ進出を発表している。

米国のテック企業として初のキューバ進出を果たしたAirbnbだが、今後は旅行分野だけでなくさまざまなジャンルの企業がキューバに進出することになりそうだ。

Airbnb

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP