ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

常に水平撮影!4Kアクションカメラ「Revl Arc」はハイライト編集も簡単

DATE:
  • ガジェット通信を≫

写真や動画を撮るとき、常に水平を保つよう意識するのは基本だが、これは意外と難しい。

ましてや動きながらとなると、撮影姿勢どころではなくなってしまい、後から見返したときにブレ過ぎて台無し…となってしまう。

だが、このほどクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した「Revl Arc」ならそんな心配は無用。自動で水平撮影してくれ、しかも画質は4Kというスグレモノだ。

・ブレを自動補正

Revl Arcは電動ジンバルやジャイロスコープを搭載し、センサーで傾きを感知して補正することで、水平撮影を可能にしている。日常の撮影 にというより、アクションスポーツ時に力を発揮する。

加えて、カメラは4K解像度。ブレの少ない、美しい画質を約束してくれる。

・アプリでストリーミング!

また、このカメラはスピードや回転、重力などを測るセンサーも内蔵していて、専用アプリ(iOS)ではこれらのデータを使ってハイライトだけを抜き出すことが簡単にできる。

そしてiPhoneでプレビューをライブ視聴したり、ストリーミングしたりすることも可能。スリリングなシーンを撮って友達とすぐにシェアして楽しめる。

Indiegogoでは最安値パッケージはすでに完売し、今なら399ドル(約4万4000円)の出資で入手できる。

出資期限は4月19日、発送は今年12月を予定している。

Revl Arc/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP