ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Ice Box : アプリの冬眠やアプリロッカーとして機能するroot端末用アプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

普段はあまり使わないアプリを冬眠させる root 端末向けの節電アプリ「Ice Box」が Google Play ストアにリリースされました。Ice Box は、アプリの起動や動作を停止する専用のコンテナに使わない Android アプリを放り込むだけで、そのアプリの起動を防止するというアプリです。アプリをコンテナに追加すると、端末がスリープモードになるとアプリの動きを止め、端末の再起動時にも自動的に起動しないようにしてくれます。コンテナ内のアプリはホームアプリのドロワー上で非表示になり、PIN ロックを利用するとアプリロッカーしても機能します。コンテナはアプリドロワーとしても機能するので、たまにしか使わないアプリでもジャンル別のドロワー風画面から起動することができます。「Ice Box」(Google Play)

■関連記事
Android版YouTubeのUIが一部改良、注釈の要素がプレイヤー画面に直接表示
Samsungの新フラッグシップ「Galaxy S7 edge(SM-G935FD)」 開封の儀&ファーストインプレッション
SoundCloud、新しいサブスクリプション型サービスの提供のためにSony Musicと契約

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP