ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Snapdragonを搭載したAndroidデバイスでrootアクセスを許す脆弱性が報告される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米トレンドマイクロが Qualcomm の Snapdragon プロセッサを搭載した Android デバイスにおいて、不正アプリによる root アクセスを許してしまう脆弱性の情報を紹介していました。トレンドマイクロが 3 月 8 日付けで紹介した Android の脆弱性は、CVE-2016-0805 と CVE-2016-0819 のことです。Google の発表によると、CVE-2016-0805 は 2 月の月例パッチで対策されており、CVE-2016-0819 ついても 3 月の月例パッチで対策されています。どちらの問題も Nexus デバイスでは対策されており、Android のソースコードにもパッチが適用されているのですが、Google が対策したのは Android 4.4.4 以上のバージョンに限られており、これよりも古い端末は未対策。古い OS バージョンはこのまま放置される可能性が高いことから、可能な場合には最新機種への変更が推奨されます。Source : トレンドマイクロ

■関連記事
Galaxy S7 / S7 edgeがDxOMark Mobileのカメラベンチマークで総合1位に
Android NはAndroid 6.0よりも短時間でアプリをインストールできる(動画あり)
Galaxy S7 / S7 edgeにはアイコンとテキストのサイズを同時に変更できる機能が隠されている

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP