ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版Chrome 49の最新版で「アプリとタブの統合」がデフォルト無効に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android 用の Chrome 39 以降でデフォルト有効にしていた「アプリとタブの統合」を Chrome 49 の最新版で無効にした模様です。Chrome 38 で追加された「アプリとタブの統合」を有効にすると Android のアプリ起動履歴に開いたタブが個別のカードでプレビュー表示されます。アプリのようにタブを切り換えられるという機能です。この機能は長らくデフォルト有効となっていましたが、現行の最新版で無効になりました。Chrome を開くと開いているタブ数を確認できれば無効になっています。デフォルトで無効になったといっても、オプションはまだ生きており、設定メニューで有効にすると以前のように個別のカードで表示されるようになります。

■関連記事
カシオのAndroid Wearスマートウォッチ「Casio Smart Outdoor Watch WSD-F10」は3月25日に日米で発売
ビッグローブ、BIGLOBE SIMの利用者向けに「dマーケット」の一部サービスを提供開始
OPPO、前面に1,600万画素カメラを備えた「OPPO R9」「OPPO R9 Plus」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP