体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Androidスマートフォンがカーナビになるパイオニアの『ナビクレイドル』を実車レビュー

Androidスマートフォンがカーナビになるパイオニアの『ナビクレイドル』を実車レビュー

いまや車の必需品となったカーナビ。ちょこちょこ停車して、地図本を見ながら知らない土地を走っていたころが思い出せないほど、ドライブでは手放せないアイテムになっています。最近ではスマートフォンの普及により、『Googleマップ』をカーナビ代わりに利用する人も多いのだとか。そんな中、カーナビを長年開発してきたパイオニアが、スマートフォンと組み合わせてカーナビに利用できる『カロッツェリア スマートフォンリンク ナビクレイドル SPX-SC01』(以下、『ナビクレイドル』)を発売しました。9月16日には、NTTドコモからも『ドライブネットクレイドル』として発売された同製品をお借りして、実際に車に取り付けて都内を走行。さらに、同製品を開発・販売するパイオニア販売の広報担当者に取材する機会に恵まれたので、詳しくお話を聞いてきました。

アプリをインストールしてクレイドル設置!

アプリ画面

『ナビクレイドル』は、専用アプリ『ドコモ ドライブネット』を『ドコモマーケット』か『Androidマーケット』からインストールしたドコモのAndroidスマートフォンと組み合わせて、カーナビとして利用するクレイドル。使うにはまずアプリのインストールから、ということでインストールしてみました。起動後に地図データをダウンロードするので、SDカードなどストレージの空き容量が50MB以上必要です。対応端末でなければ動作しないので、あらかじめマーケットの動作端末を確認しておきましょう。

インストール後は、地図表示、検索、自車位置表示の機能が無料で利用できます。アプリ単体でも動作しますが、『ナビクレイドル』に取り付けてアプリを起動することで、渋滞を回避してルート検索できる『スマートループ渋滞情報』、燃費のよい運転ができているかチェックできる『エコ機能』が利用可能。『ナビクレイドル』はただのクレイドルではなく、専用のGPS、車の方向を検知するジャイロセンサ、車の傾きを検知する加速度センサを搭載しているので、スマートフォン単体で使うより高精度なナビゲーションが可能になります。

『ドコモ ドライブネット』は、月額使用料315円を支払うことでルート検索やエリア情報などすべてのサービスを利用できるので、ここでは利用を申し込んだ状態でレビューすることにします。『ドコモ ドライブネット』有料サービスは、『MyDocomo』からの申し込みが必要。詳しくはドコモか『パイオニア カロッツェリア』のウェブサイトを確認してください。

ダッシュボードに設置

車のダッシュボードへの取り付けは、実際には取り付け用の板を貼り付け、その上に『ナビクレイドル』を吸盤で固定します。今回はレンタカーを借りて走行したので、ちょっと見栄えが悪いですがテープで貼り付けたプラスチック板に吸盤で固定しました。『ナビクレイドル』の電源はシガーソケットから取り、さらに接続したスマートフォンを充電することもできます。これはちょっと便利。ダッシュボード上の『ナビクレイドル』は、ハンドルを持った状態でも見やすい位置にあります。これで準備完了です!

いよいよ走行開始

今回の走行ルートは、編集部のある新宿を出発地、世田谷区民会館を目的地に設定。初台から山手通りを南下し、首都高速環状線に乗って大橋ジャンクションを経由するルートを選びました。都心にできた巨大構造物の中をらせん状に走る大橋ジャンクションでも、正しくナビゲーションしてくれるのでしょうか。楽しみになってきました。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。