ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xiaomi、33万でカーボンフレームを採用したトータル重量7kgのスマート自転車「QiCycle」を近々発表へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー Xiaomi はこれまでにスマートフォンやタブレットだけではなく、テレビや空気清浄機、浄水器といった様々な家電製品も発売してきましたが、今度は自転車を出すそうです。WSJ が報じていました。Xiaomi は新規のスタートアップ企業「iRiding」に「QiCycle」と呼ばれるスマート自転車を作らせており、今週中にも発表されるという。製品の詳細は明らかになっていませんが、価格は $3,000(約 338,000 円)前後だと言われています。自転車にしては高価ですが、QiCycle は競技車両並みにハイスペックな製品になるようです。この価格でカーボンフレームを採用しており、トータルの重量は 7kg だと言われています。また、スピードメーターやケイデンスセンサーなどの計器類とモーションセンサーも内蔵しているそうです。カーボンフレームだけでも数十万はするので、おそらく割安な製品になると予想されます。Xiaomi はこのほか、$450 ~ $550 程度のバッテリー内蔵の電動アシスト付き自転車も開発しており、数ヶ月中に発表する予定とされています。Source : WSJ

■関連記事
Infolens、4~6インチのスマートフォンに対応した汎用VRヘッドセット「STEALTH VR」を4月に国内発売
Facebookの動画をダウンロードできるDolphinブラウザー用アドオン「Tako Video」を紹介
ヤフー、Android用のウィルス対策アプリ「Yahoo! スマホセキュリティ」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP