ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雨の日も安心!バイクヘルメット向け雨用ワイパー「Rainpal」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

季節の変わり目は天気が不安定。こう雨続きだと、バイク乗りにとっては視界が悪く、運転しにくいシーンもあるだろう。

「車のように雨用ワイパーがあればいいのに……」というニーズに応えてくれるのが「Rainpal」という“ヘルメット装着型ワイパー”。

・どんなヘルメットにも装着できる!

オープンフェイスからフルフェイスヘルメットまで、どんなタイプのヘルメットにも装着可能な取り付け型ワイパーだ。

ワイパー本体は幅1.3×長さ1.3センチメートル、重さ150グラム。ワイパーの装着プレート部分には吸着盤がついていて、不用意に外れるのを防止してくれる。

本体のボタンを押すとワイパーが作動するが、別売りのワイヤレスキットをバイクのハンドルバーに設置して用いることもできるという。

・ワイパースピード変更、水を噴射したりも

ワイパーのスピードを変更したり、ディレイモードにしたり、1回だけ作動したりできるほか、ヘルメットのまびさし部分に汚れや虫の死骸が付着した場合には、内部に搭載された貯水槽から水を噴射して洗い流すこともできる。ちょうど、車と似たような機能だ。

実験では、時速160キロメートルの速度でも使用に耐えた。バッテリーはUSBを通じて充電でき、連続使用ならおよそ90分、2秒間隔のディレイなら180分、電池がもつ。

ヘルメットから2秒で取り外したり再装着が可能なので、雨がやんだらすぐに取り外せる。また、LEDライトが内蔵されており、暗闇での着脱の際、手元を見やすくしてくれるのもありがたい機能。

・プレオーダー受付中

現在クラウドファンディングサイトFundRazrで出資を受付中で、ブラックのシンプルバージョンは49ユーロ(約6200円)、ユニオンジャックバージョン、星条旗バージョンなどは49.99ユーロ(約6300円)となっているが、すでに売り切れも出ているようだ。

Rainpal

FundRazr

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP