ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

驚きの繊細さ!!“アートになった海苔”が面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海苔と言えば、ごはんやお寿司のお供として使われる「脇役」のイメージが強いのではないでしょうか。

そんな概念を覆すのが、これから紹介する「のりあーと」です。

・「海苔に絵を描く」

1894年から海苔問屋として営業している小善本店は、2014年に創業120周年を迎えた老舗海苔問屋

「時代に適した経営」を行う同社が「のりあーと」に乗り出したのは、日韓ワールドカップの開催時。

海苔の型を抜き、いろいろなパターンをはさみやカッターなどで試作していたところ、細かい模様もカットできるレーザー加工技術に出会いました。

それ以降、厚さ1ミリもない海苔をカットし、海苔に絵柄を書くことに成功したんだとか。

楽しい季節モノも

オンラインショップでは、イースター用にたまご型に模様を施した「のりあーとイースター」やリラックマふなっしーなどとのコラボ商品のほか、サンタ模様のクリスマス、ハロウィン、さくらとこいのぼりなど、季節ごとに取り入れやすい柄も。

・イースター

・サンタクロース

・夏祭りをイメージした柄

・ハロウィン

見ているだけでもワクワクしてきて、食べるのがもったいないですね☆

オリジナルデザインも受け付けているため、誕生日や記念日、結婚式の引き出物などにも喜んでもらえそうです。

興味がある方はぜひサイトをチェックしてみて!

小善本店
http://noriart.jp/

・フード(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP