ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホで撮影した植物が瞬時にわかる画像検索アプリ「PlanetNet」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンなどを通じて聴き取らせると、周囲で流れている音楽を認識し、曲名を表示する「Shazam」は、「これ、何の曲?」という疑問に瞬時に答える楽曲検索アプリとして、音楽ファンから絶大な支持を集めてきた。

“植物版Shazam”ともいえるスマートフォンアプリ「PlanetNet(プラントネット)」は、スマートフォンで気になる植物を撮影するだけで、その品種を検索できる便利なアプリだ。

・気になる草花を撮影するだけで品種を検索できる

「PlanetNet」は画像認識技術を活用し、スマートフォンで撮影した画像から、データベースを検索する仕組み。

UIもShazamに非常に似ており、検索履歴などもアプリ内にしっかりと残る。

農業開発研究国際協力センター(CIRAD)・国立情報学自動制御研究所(INRIA)・農業研究所(INRA)ら、フランスの研究機関によって開発され、6000種類以上の野生植物が網羅されている。

植物の品種をアップロードすると…

植物と同時に位置情報もアップロードされるので、ユーザーからの情報をマッピ化を行っているので、分布情報を確認できる。

現在の対応地域は西ヨーロッパ・インド海・西アメリカのみとなっているが、今後の展開も楽しみだ。

・画像認識技術がビジュアルによる情報検索をサポート

PlanetNetと同様、動植物に特化した画像検索アプリとしては、400種類の鳥類が検索できる、米コーネル大学鳥類学研究所の「Merlin Bird IDand」や、米国のスミソニアン協会とコロンビア大学、メリーランド大学の研究者チームが開発した、樹種のための画像検索アプリ「Leafsnap」などもリリースされている。

これらのアプリは、画像認識技術を活用し、研究機関が中心となって収集した生物の専門知識を、誰もが手軽に入手できるようにしている点が秀逸。

これから春の季節、スマートフォンを片手に自然散策に出かけ、動植物について学んでみてはいかがだろう。

PlantNet

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP