ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女の子扱いして仕事を任せてくれない会社は、とっとと辞めた方がいい?【シゴト悩み相談室】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キャリアの構築過程においては体力的にもメンタル的にもタフな場面が多く、悩みや不安を一人で抱えてしまう人も多いようです。そんな若手ビジネスパーソンのお悩み相談を、人事歴20年、心理学にも明るい曽和利光さんが、温かくも厳しく受け止めます!

曽和利光さん

株式会社人材研究所・代表取締役社長。1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャー等を経験。その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。

CASE7:「女の子扱いされ、責任ある仕事を任せてもらえない」(23歳女性)

<相談内容>

もっと仕事を任されたいのに、女の子扱いされるのが嫌でたまりません!

証券会社に新卒入社し、総務部門に配属されてもうすぐ1年になります。そもそもは営業を希望していて、「より厳しい環境で鍛えられ、成長したい」とこの会社を選んだのに、今の環境ははっきり言ってぬるま湯です。

総務の仕事を軽んじているわけではなく、社員が働きやすい環境を整える重要な役割だと認識していますが、私が今の業務の課題を解決するアイディアを出しても、上司に「○○ちゃん、すごいね~!」と褒められるだけで終わったり、「そんなことしなくていいんだよ、今ある仕事をしっかりやってくれれば」と言われたりします。男性社員にはいろいろな仕事を言いつけたり、高い目標を課したりしているのに、なぜ私だけ…。もっと男女差なく仕事を任せてくれる会社に転職した方がいいのでしょうか?(証券会社・総務職)


「やらせてもらえないから諦める」ではなく、“不言実行”で成果を出そう

「女の子だからここまでしかやらせない」と明確に制限されているような会社ならば、転職を考えるのも一つの方法です。今のご時世、そのような会社に明日はないからです。しかし、相談内容を拝見すると、そこまでではないという印象を受けます。

「女の子扱いされている」ということは、キツくてしんどい仕事は任せられないだろうという「期待値の低さ」とニアリーイコールと思われます。その期待値の低さから、「まずはルーティンをしっかりこなせるようになってほしい」と、仕事の範囲をある程度狭められているのかもしれません。

しかし相談者が、自分の出したアイディアが本当にいい!と思っているならば、「期待されていないからやらない」ではなく、人知れず実行して結果を出し、皆にサプライズをもたらす方法もあるはずです。与えられた仕事は粛々とこなしつつ、これぞと思うアイディアを有言ではなく「不言実行」してみて、後日周りをあっと言わせてはいかがでしょうか?

そして、どうやら総務部門に物足りなさを感じておられるようですが、それは大きな間違いです。

総務は社内のあらゆる部署を取りまとめたり、全社的な活動を展開したりする、非常に重要な役割。私もかかわったことがあるのでわかりますが、例えば組織論や働き環境づくり、働く人の心理学など、仕事を通じて学べるテーマは実に多岐にわたります。ある企業の総務の女性は、職場の環境づくりとモチベーションの関係に注目し、猛勉強してカラーコーディネーター1級を取得。オフィスの什器や壁の色が仕事に与える影響を考えながら、ファシリティマネジメントを行っています。これらを学び、実践することで、「自分を鍛える」ことはできるはずです。新しいアイディアも、浮かぶのではないでしょうか。

ロールモデルとなる女性は本当にいないのか?社内を探してみる

そもそも勤務先の会社は、本当に「すべての女性社員に責任ある仕事を任せたがらない」社風なのでしょうか?現在の部署はもちろん、他部署にも目を向けてみてください。活躍している女性社員が必ずいるはずです。

そして、活躍している女性は、「自分を上に引き上げてくれる人」をしっかり見極め、行動しています。どうやって活躍できるようになったのか、その方法を具体的にヒアリングしてみるといいでしょう。

女性に限らず、やる気があれば抜擢される、成果を出せば認められるのは、若手社員のうちだけ。以前この連載記事で、「上司にうまく取り入っている同期が先に出世したことにショックを受けた 」との相談に対して、「出世したいならば上司に取り入るだけではダメ。上司にイエスと言わせる『上向きのリーダーシップ』を磨くべし」と回答しましたが、自分の力を買ってくれる人を見つけて引き上げてもらうことが、やりたいことを実現するための一番の近道なのです。

営業職に就きたかったならば、営業職として活躍している女性社員をメンターにして、どうやってそのポジションを確立したのか、誰から引き上げてもらったのか、聞いてみるといいでしょう。何なら、その営業女性に、自分を引き上げてもらうようアピールしてもいいかもしれません。

このように自分で自分の道を切り開く努力をしてから、転職という選択肢を考えたほうが、相談者のためにも良さそうです。

提案したアイディアがイマイチで、やんわりダメ出しされたという可能性も

最後に、相談内容の中で「今の業務の課題を解決するアイディアを出しても、そんなことしなくていいと言われる」という点がどうも気になっています。

いくら相手が入社1年目の女の子でも、そしてもしも本当に男女差別が激しい会社であっても、あなたが出したアイディアが本当にいいアイディアならば、こんな言われ方はしないはず。つまり、「アイディア自体がイマイチである可能性が高い」と思われます。

「そんなことよりも今ある仕事をしっかりやってね」というのは、おそらく体のいいダメ出しです。もし男性社員が相手ならば、「つまらんアイディア考える暇があったら、自分の仕事をちゃんとしろ!」と怒鳴られているはず。女性だから、そしてまだ新人だから、優しい言葉をかけてくれているのではないでしょうか?上司の対応に文句を言う前に、自身のアイディアを見直し、ブラッシュアップするほうが先決だと思われます。

「ならばいっそ、私も怒鳴られたい!」と言うかもしれませんが、個人的には「せっかくだから、今の立場をフル活用すればいい」と思います。多少失敗しようが、男性社員ほど叱責されることもなく、プレッシャーをかけられることもないんだから、私が相談者だったら、やりたいと思ったことに思う存分、どんどんチャレンジしますね。

仕事で鍛えられ、成長したいという大きな目的に比べれば、「女の子扱いされ、プライドが許さない」なんて実に些細なことだし、逆にそんなことにこだわって行動に移さないほうが子どもっぽい。本当に自身のキャリアを考えている「大人」であれば、今の環境はラッキー!とばかりに、伸び伸びとチャレンジを続けると思いますよ。

<アドバイスまとめ>

「女の子扱い」は今だけの特権と捉えて、

やりたいことにどんどんチャレンジして

成果を出そう。

▼これまでのお悩み・アドバイスはこちら

CASE1:「異動先の先輩や同僚と反りが合わない」(27歳男性・Webサービス会社勤務)

【シゴト悩み相談室】異動先の先輩や同僚と、反りが合わないんです… – リクナビNEXTジャーナル

CASE2:「仕事に活かせる有益な人脈が作りたい」(23歳男性・専門商社勤務)

【シゴト悩み相談室】営業になって2年目、仕事に活かせる人脈が作りたいけれど… – リクナビNEXTジャーナル

CASE3:「頑張って指導しているのに、部下がなかなか成長しない」(35歳男性・IT関連会社勤務)

スーパープレイヤーがマネージャーになると、途端に苦戦するワケ【シゴト悩み相談室】 – リクナビNEXTジャーナル

CASE4:「上司同士が不仲で、2人の指示がバラバラ」(25歳男性・Web関連会社勤務)

上司同士が不仲なときの、部下の正しい「立ち回り方」【シゴト悩み相談室】 – リクナビNEXTジャーナル

CASE5:「上司にうまく取り入っている同期が先に出世しショック…」(28歳男性・電機メーカー勤務)

出世できない人が見落としているスキルとは?【シゴト悩み相談室】 – リクナビNEXTジャーナル

CASE6:「営業職は向いていない。企画職に異動したい」(26歳男性・不動産会社勤務)

「営業に向いていない」人が、企画職に異動できる可能性【シゴト悩み相談室】 – リクナビNEXTジャーナル

EDIT&WRITING:伊藤理子 PHOTO:平山諭

関連記事リンク(外部サイト)

進まない「女性の活用」にワーキングマザーが思うこと
ワーママのカリスマが伝授!仕事と子育ての両立術
「つい頑張りすぎちゃう人」がワーママになったら…先輩に学ぶ「ほどよく手抜き」9つのコツ

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP