ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GLIM SPANKY、高橋留美子が原作のアニメ『境界のRINNE』第2シリーズエンディングテーマを担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GLIM SPANKYの新曲「話をしよう」が、『うる星やつら』『らんま1/2』『犬夜叉』など数々の名作を描いてきた高橋留美子による原作(漫画は『週刊少年サンデー』で連載中)のNHK Eテレ アニメ『境界のRINNE』第2シリーズのエンディングテーマとして、4月9日(土)よりオンエアされる。

GLIM SPANKYがTVアニメのテーマソングを担当するのは、NHK Eテレ『秘密結社 鷹の爪DO』に続いて2作目となる。このテーマソング決定を受け、松尾レミ(Vo&Gu)は“アニメを見終わった後に心にそっと響くような、誰しも感じる心の内側を描きたいなと思い、この曲を作りました。家族、友情、恋愛、全てに通じる感情が詰まっています。りんねと桜や、聴いてくれる皆にとって、共に寄り添って、ぽんっと背中を押してくれる一曲になりますように”と、亀本寛貴(Gu)は“原作やアニメの過去の放送分を見て、エンディングで自分たちの楽曲が流れるのをイメージしながら作りました。境界のRINNEにピッタリの楽曲になったと思います!”とコメント。

『境界のRINNE』第2シリーズのエンディングテーマのためにGLIM SPANKYが書き下ろした新曲「話をしよう」に雰囲気をマッチさせたエンディング映像にも注目だ。オンエアはNHK Eテレで4月9日(土)より、毎週土曜17:30~。なお、「話をしよう」のリリースに関しては後日発表予定とのこと。

4月から始まる「ワイルド・サイドを行け」ツアーの東名阪全公演もソールドアウト! 3月21日(月)に渋谷eggmanで行なわれる、GLIM SPANKYがホストとなり、“いま最もロックだと思うバンドを紹介する”イベント「Virgin Rocks」は、まだチケット販売を受け付けている。

(C)高橋留美子・小学館/NHK・NEP・ShoPro

■「Virgin Rocks」オフィシャルHP

https://virgin-rocks.officialsite.co/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP