ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全米&全英1位のThe 1975が洋楽チャート初の1位をマーク、ゼッド&アロー・ブラックがタッグを組んだ話題曲もランクイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月26日に最新作『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』を発表したThe 1975の「ザ・サウンド」が、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”初の首位をマークした。

 約3年ぶりとなるニュー・アルバムで見事全英1位と自身初の米ビルボード・アルバム・チャート1位を記録する快挙を成し遂げたThe 1975。先週洋楽チャート7位に初登場した「ザ・サウンド」は、今週さらにエアプレイ・ポイントが稼ぎ、5位から2位へランクップ。加えて、海外での好調なチャート・アクションの話題に後押しされ、初の洋楽チャート1位を手にすることとなった。8月には【SUMMER SONIC】での来日が決まっていることもあり、今後もエアプレイを中心に記録を伸ばしていくことが期待される。

 先週4位にジャンプアップしたリアーナ「ワーク feat.ドレイク」は、今週さらに順位を伸ばし、遂に2位まで浮上。米ビルボード・ソング・チャートでは3週連続1位をキープ中というニュースも舞い込む中、どの指標においてもポイントを落すことなく順調に推移しており、ここ日本でも1位獲得に期待がかかる。11位には、サム・スミスによる映画『007 スペクター』のテーマ曲「ライティングズ・オン・ザ・ウォール」が再浮上。現地時間2月28日に行われた【第88回 アカデミー賞で同曲は主題歌賞を受賞したことを受け、デジタル・セールスやエアプレイが再熱し、TOP20圏内に返り咲いた。

 3月18日に約10年ぶりのソロ・アルバムをリリースするグウェン・ステファニーの「メイク・ミー・ライク・ユー」は、13位に初登場。グウェンは来週来日し、日本初となるソロ・ライブを行うこともあり、来日効果で次週は更なるランクアップが予想される。そして、19位にはゼッド&アロー・ブラックによる「キャンディーマン」が初登場。1971年公開の『夢のチョコレート工場』に起用され、翌年にはサミー・デイヴィスJr.によるヴァージョンが全米1位を記録したナンバーをM&Ms誕生75周年を記念してリメイクした「キャンディーマン」は、デジタル・セールス、エアプレイをはじめ、Twitter上でもじわじわと話題を集めてつつある。

関連記事リンク(外部サイト)

3月14日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
KAT-TUN「UNLOCK」、セールス大差を守り、μ’sを押さえてビルボード総合首位
GENERATIONS、SCANDALとSilent Sirenを振りきり堂々の1位

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP