ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10年間のブランクを感じさせない、元祖“原宿ガール”グウェン・ステファニーによる色彩豊かな3rdアルバム(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 グウェン・ステファニーの3rdアルバム『ディス・イズ・ホワット・ザ・トゥルース・フィールズ・ライク』が、3月18日に世界同時リリースされる。2006年の『スウィート・エスケイプ』以来、およそ9年ぶりとなるオリジナル・アルバムで、ファンにとっても「ようやく」といったところだろう。気づけば、グウェンも46歳。年齢もそうだが、前作から10年も経過した今、アルバムにはどういった変化がみられるのだろうか。

 2015年10月にリリースされた先行シングル「ユースド・トゥ・ラヴ・ユー」では、かつてのポップなグウェンは影を潜め、ナチュラル・メイクの「素」の顔がアップに映し出されたビデオに、ミッド・テンポのメロウ・チューンという、転身を図ったかのような印象を受けた。しかし、今年2月にリリースされた2ndシングル「メイク・ミー・ライク・ユー」では、「リッチ・ガール」(2004年)や「スウィート・エスケイプ」(2007年)に通ずる、あのポップ・サウンドが蘇り、10年前と変わらない事への安心感に浸れるアルバムだと実感した。もちろん、良い意味で。

 「メイク・ミー・ライク・ユー」のビデオでは、グウェンのトレードであるブロンド・ヘアとレッド・リップスティック、崩れ知らずのナイス・バディもお披露目し、ボーダーのワンピースから、和テイストの羽織もの、黒のタイツにレオタードと、モデル顔負けの衣装替えを繰り広げ、ダンスにローラースケートまで披露し、まったく年齢を感じさせない「現役感」をアピールした。間にいくつかのシングル曲のリリースがあったとはいえ、10年近くブランクがあるとは思えないクオリティだ。

 前作『スウィート・エスケイプ』のリリースからは、ノー・ダウトの復活、結婚、3人の息子を出産し、離婚、そして新たなラブ・ロマンス…と、公私ともに大忙しだった、グウェン・ステファニー。また、昨年はその交際相手である、ブレイク・シェルトンと共に審査員を務めた米版『ザ・ヴォイス』の出演もあり、若層にも知名度を広げたことで、本作にも注目が集まっている。

 かつてから親日家として公言しているグウェン。デビュー作『ラヴ.エンジェル.ミュージック.ベイビー』には、「原宿ガールズ」というタイトルもあり、「原宿ラバーズ」というブランドまで立ち上げているほどだ。当然、アメリカやUKのみならず、アジアのティーンエイジャーにも、未だ影響力は絶大だといえる。それが、ファッションのみならず、センス抜群のサウンドにもアリ、ということは、本作をお聴きいただければ解るだろう。

 そのアルバム『ディス・イズ・ホワット・ザ・トゥルース・フィールズ・ライク』を引っさげ、Zeppダイバーシティ東京で来日公演が決定した。単独来日公演としては初ということで、さらにアルバムの発売日間近である3月16日をチョイスしているあたり、真の親日家ということが伺える。グウェン・ステファニーのカラフルでポップなサウンドが、2016年の春を彩る。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『ディス・イズ・ホワット・ザ・トゥルース・フィールズ・ライク』
グウェン・ステファニー
2016/3/18 RELEASE
2,500円(plus tax)
※解説・歌詞・対訳付 / ボーナス・トラック6曲収録(日本盤ボーナス・トラック1曲、日本&海外デラックス・エディション・ボーナス・トラック5曲)

◎公演情報
【MasterCard Priceless Japan
グウェン・ステファニー“プライスレス・パフォーマンス”コンサート】
日時:2016年3月16日(水) 17:30開場 19:00開演
会場:Zeppダイバーシティ東京
出演:グウェン・ステファニー
料金:前売り9,500円(税込/オールスタンディング)
INFO: http://www.priceless.com/japan

関連記事リンク(外部サイト)

初の単独公演を間近に控えるグウェン・ステファニー、10年ぶりのソロALを3/18に世界同時リリース
グウェン・ステファニーとギャヴィン・ロスデイルが離婚条件に同意
ファレル&グウェン・ステファニー、映画『Paddington』の新曲公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP