ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パナソニック、Androidベースのデジタルサイネージ用ディスプレイ「AF1」シリーズを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パナソニックは 3 月 7 日、法人向けですが、Android ベースのモニタデバイス「AF1」シリーズを発表しました。3 月下旬より国内の法人向けに販売されます。AF1 シリーズは、Android 4.4.3 を搭載した液晶モニタ型デバイスで、デジタルサイネージ利用に提供されます。新製品はサイネージ用の「OpenPort」プラットフォームに対応しており、この仕様に沿って Android アプリを開発することで AF1 シリーズをデジタルサイネージとして利用できます。Android を採用したのは、 WEB やマルチメディア機能などの必要な要素が統合されているからで、様々な形態のデジタルサイネージへの採用が期待されています。ラインアップは 42 型、49 型、55 型の 3 モデルで、いずれも、フル HD 解像度のディスプレイ、1.0GHz Cortex-A9 クアッドコアプロセッサ、1GB RAM、各種拡張ポートなどを搭載しています。Source : パナソニック

■関連記事
NTTドコモ、料金プランの2年契約が満了した際の無料更新月を従来の1ヶ月間から2ヶ月間に延長
インクリメントP、MapFanのスマートフォンサイトに名鉄バスと東京のコミュニティバスの112路線を追加
歴代Xperia Zのデザインを比較した画像

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP