ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Tips : Windows PCでAndroidのBluetoothテザリングを利用する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近の Android スマートフォンの多くは Bluetooth によるテザリングをサポートしており、定番の Wi-Fi テザリングから速度は大幅に落ちるものの、スマートフォンのバッテリーを Wi-Fi 歩と減らさずにインターネットを利用できます。この記事では、Windows PC で Android の Bluetooth テザリングを利用したインターネット接続をセットアップする方法を紹介します。記事では Windows 10 を搭載した Lavie Z と Android 5.1.1 を搭載した OnePlus X を用いて Bluetooth テザリングのセットアップ方法を説明しています。Bluetooth テザリングは Windows 8.1 以降でサポートしているので、最近の PC(Bluetooth 対応)なら大抵のもので利用できるはず。まず、Android のテザリングメニューを開き、「Bluetooth テザリング」を ON にします。次に、Windows PC のスタートメニューなどから「設定」を開いて「デバイス」に進み、「ONE_E1005」(OnePlus X の表示名なので、端末によって変わります)をクリックしてペアリングを完了させます。ペアリングが完了すると、Android の Bluetooth 画面に PC 型アイコンの「LAVIE-Z」の名前が表示されます。続いて、Windows PC 上で「設定」→「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」に進み、「アダプターオプションを表示」をクリックします。画面の「Bluetooth ネットワーク接続」 をダブルクリックして別のウィンドウを開き、そこに表示される「ONE_E1005」を右クリックし、「接続方法」→「アクセスポイント」をクリックします。これで PC が Bluetooth テザリングを有効にした Android 端末に接続され、インターネットを利用できるようになります。冒頭でも言及しましたが、Bluetooth テザリング機能は、Bluetooth の仕様上、通信速度は Wi-Fi には到底及びません。USEN のスピードテストだと通信速度は 400Kbps ~ 1Mbps でした。Bluetooth テザリングではこれくらいの速度が一般的です。WEB 閲覧程度のデータ通信ならさほどストレスは感じませんが、動画の視聴や大容量ファイルのダウロードだとかなり時間がかかってしまいますので、事実上、用途は限られてきます。

■関連記事
Huawei P9のプレス画像が流出
Xiaomi Mi 4sの開封動画
Android入門講座 : root(ルート)化って何? 何が嬉しいの? 自分の端末もroot化すべき?

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP