ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【夢を持ち続けたい】NYのファッションショーで喝采を浴びた11歳の少女

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夢は遠くで仰ぎ見るもの。でも、望めば叶うかもしれません。夢を求める気持ちさえあれば、願いが通じることはあるのです。

2016年2月のニューヨークは、氷点下18度にもなる厳しい寒さでした。厳寒に行われたファッションショーのステージでは、ひとりの少女が夢を叶えていたのです。


(C) Hideyuki Tatebayashi
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.

ファッションモデルになりたい

テキサスに住む11歳のトリニティ・モラン(Trinity Moran)ちゃんは、ファッションとアニメが大好きな女の子。昨年6月に病気の診断が下されてから、辛い治療に耐えてきたステージ3の癌患者です。彼女の夢は「ファッションモデルになりたい」ということでした。ドレスの裾をなびかせ、ランウェイを颯爽と行くファッションモデル。女の子なら誰でも憧れる職業です。


(C) Hideyuki Tatebayashi
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.

ファッション親善大使が縁を取り持つ

小児癌や心臓疾患、腎不全などの重い病気の子どもたちを支援するボランティア団体メイク・ア・ウィッシュ(Make-A-Wish Foundation)と、メアリー・アリス・スティーブンソン氏(Mary Alice Stephenson)のGlam4Goodのコラボレーションにより、トリニティちゃんの夢が実現しました。メアリー・アリス・スティーブンソン氏は、15年間メイク・ア・ウィッシュのファッション親善大使を務めています。Naeem Khan氏(ファーストレディ、ミシェル・オバマ夫人のドレスのデザイナー)のショーのスタイリストである彼女は、トリニティちゃんの望みを伝えました。Naeem Khan氏は、快く引き受けてくれたそうです。

夢が叶う日

2016年2月17日ランウェイには、トリニティちゃんが立っていました。彼女が望んでいたシースルーの短い袖、プリンセスのようなチェリーレッドのドレスは、デザイナー自身による彼女のためのデザインです。


(Screencap from Naeem Khan at New York Fashion Week 16-17 | FTV.com)

ショーのラストで、Naeem Khan氏と共にステージに登場した彼女。ドレスもメイクも似合って、とても美しいです。


(Screencap from Naeem Khan at New York Fashion Week 16-17 | FTV.com)

https://www.youtube.com/watch?v=CEAcoetTZOM

【Naeem Khan at New York Fashion Week 16-17 | FTV.com】

私はステージに戻ってくる

ランウェイを歩いた5週間後には、手術が彼女を待ち受けています。でも、力のこもった彼女の美しい目は語っていました。「私はまたステージに戻ってくる」と。


(C) facebook/Make-A-Wish Metro New York and Western New York

■関連記事 
信じる心を持ち続けたい。イルミネーション「Believe」に込めた想い

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP