ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【激怒】映画「珍遊記」観客がブチギレ激怒で途中退場! 「進撃の巨人」以上のクソ映画で酷評の嵐

DATE:
  • ガジェット通信を≫

週刊少年ジャンプで連載されていた人気クソ漫画「珍遊記」が、主人公役に松山ケンイチを迎えて実写映画化。上映数か月前から「どんな映画になるんだ!!」「クソ漫画だけどクソ映画にはなるまい」と大きな期待が集まっていたが、実はとんでもないクソ映画だったことが判明した。

・上映中に席を立って帰る観客
あまりにもクソ映画だったため、多くの観客がクソだと酷評。クソ映画の上映中に席を立つ観客もおり、トイレでクソをするのかと思いきや、そのまま帰ってしまう観客もいたというのだ。実際にクソ映画を観た観客のひとりは次のようにインターネット上で語っている。

「予告編を観たうえで、あえて劇場に赴き、1800円支払って席につく人物は一体ナニモノか? どう考えても、まともじゃありませんよね」。以下は、クソ映画を観たほかの観客たちの声である。

・インターネット上の観客の声
「小学生にはウケそう」
「中盤から終盤のグダグダ感は観ていてウンザリしてきます」
「なんでこんな映画を観に来たんだろう?」
「編集の下手さなのか、間合いが悪すぎてせっかくのギャグが笑えない」
「真剣にこれ作ってるとしたら東映ホントに血迷ってる」
「太郎に復讐を誓うオリジナルキャラの動機がちょっと薄い」
「倉科カナは嫌いではないけど彼女が下ネタ言った所で別に笑えなかった」
「お金出して見てたらこれは原作ファンの人もキツイだろう」
「途中で退席する人もいました。面白くもなんともない 」
「なんとかしてくれとおもいました」
「ばばあを演じた笹野高史の演技力に騙されました」
「漫画太郎の描く鬼気迫る世界など、まるで再現されておりません」

・この映画にリピーターはいるのか?
そもそも、原作もクソ漫画だったが、愛されるクソ漫画だった。だからこそクソアニメ化や映画化もされたわけだ。しかし、実写映画は愛されないクソ映画になってしまった。かつて酷評されまくった「進撃の巨人」以上のクソ映画ともいわれており、リピーターがいるのかどうか、そのあたりも心配である。

・10代前半のチビッ子向け映画?
クソ映画ながら「クソが好きな年ごろの小学生にはウケそう」という感想もあるので、10代前半のチビッ子向け映画と考えれば、クソ良作と言えるかもしれない。

皆さんは実写版クソ映画「珍遊記」を観ただろうか? その感想はどんなものだろうか? たとえクソ映画だとしても1800円は戻ってこない。帰ってクソして寝るしかないのである。

https://youtu.be/yBscoF8cPRE

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/03/05/chinyuuki-movie/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP