体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「デザイン」が切り拓く雑誌の新たな可能性 『Quick Japan』新編集長・続木順平さんに聞く(2)

「デザイン」が切り拓く雑誌の新たな可能性 『Quick Japan』新編集長・続木順平さんに聞く(2)

編集長が変わるということは、その媒体の方向性が大きく変わるということを意味する。多くのメディアの場合、媒体の色を決めるのは編集長の役目である。どんなコンテンツを作り、どう打ち出していきたいのかを考え、責任を持つのだ。

創刊22年目を迎えるカルチャー雑誌『Quick Japan』(太田出版刊)は2015年12月をもって、編集長が藤井直樹さんから続木順平さんにバトンタッチされた。

続木順平さんの掲げるスローガンは「A VOICE OF NEW GENERATION」。「“次代の声”に耳をすます」というものだ。巻頭特集ではSEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)の奥田愛基さんをクローズアップし、特集第二部ではアニメ「おそ松さん」にスポットをあてる。他にも雑誌のデザインを刷新し、さまざまな工夫を凝らしている。

では、続木さんは『Quick Japan』の看板を背負うことについて、どのように考えているのか。また、次々に生まれるウェブメディアに対して、雑誌の可能性をどう捉えているのか。話をうかがった。

(取材・記事・写真/金井元貴)

インタビュー前編はこちらから

■新しい『Quick Japan』は紙が違う

――そういえば今号は紙の質感が良いですね。柔らかいというか。

続木:そうなんですよ。手触りがいいですよね。今号からアートディレクターとして佐藤亜沙美さん(サトウサンカイ)とご一緒することになったのですが、これは佐藤さんと話し合ったこだわりです。特集やコーナーによって紙を変えたりして、めくった時の質感が変わるようしていただきました。

――佐藤さんは『Quick Japan』史上初めての女性アートディレクターになるそうですが、どういうきっかけで起用されたのですか?

続木:男女まったくこだわりはなく、とにかく若い人にお願いをしたくてデザイナーを探していました。

その中で、以前『Quick Japan』のデザインをされていた方のつながりでご紹介を受けたのが佐藤さんです。2014年に独立されたばかりで、『Quick Japan』のことも知ってくださっていましたし、なによりリニューアルのコンセプトをすぐに理解いただけて共感していただけたんです。トントン拍子で話が決まりました。

――表紙のデザインからインパクトがありますよね。金色で文字を入れて。

続木:新装刊なので、派手にいこうと(笑)。新しいロゴが箔押しで入って、インパクトのある表紙になって嬉しいです。

「デザイン」が切り拓く雑誌の新たな可能性 『Quick Japan』新編集長・続木順平さんに聞く(2)
■『Quick Japan』は編集長によってカラーが違う雑誌

――続木さんは今号から編集長に就任されましたが、20年以上の伝統があるカルチャー雑誌の看板を背負うというのはどのような心境なんですか?

続木:実はあまり深く考えていないというか(笑)、確かに歴史はありますが、『Quick Japan』は、編集長によってカラーが変わる雑誌です。だから「お笑い」を押し出す時期もあれば、「アイドル」を押し出す時期もあって。雑誌自体がそのときのカルチャーに左右されるので、それまでの路線を継続することは考えていませんでした。むしろ、今、自分は何が面白いのだろうと考えることを大事にしています。

――ここ数年間はずっと、ももいろクローバーZの特集を続けてきましたが、その中で続木さんの目から見たももクロを特集するという選択肢もあったのではないですか?

続木:それはありました。ただ、若い世代の声を拾っていくことをコンセプトにしたときに、ムーブメントはももクロだけではありませんし、一度そういった各分野を整理していきたいという思いがあります。

――つまり、別の分野で活躍している新しい世代にも目を向けてみたんですね。

続木:そうですね。いまはアイドル自体がカルチャーの一つとして認知されていますし、アイドル特集も増えました。次号のBABYMETALのように、アイドルからアーティストに変わっていった新しい姿もありますしね。

■「デザインは雑誌の持つ強い力」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。