ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

驚異の木製楽器「Marble Machine」 2000の鉄球が奏でる美しい音色…

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Wintergatan – Marble Machine(music instrument using 2000 marbles)
落下する2000個もの金属製の玉を使い、鉄琴やベースを鳴らして演奏する木製の楽器「Marble Machine」の動画がYouTubeで公開され、大きな話題を呼んでいる。

これはスウェーデンのバンド・Wintergatanのマーティン・モリンさんが開発した驚くべき木製のマシン。

その演奏動画は、3月1日に公開されたばかりにもかかわらず、現在までに460万回以上の再生数を記録している。

驚愕の人力楽器「Marble Machine」

「Marble Machine」は、人力のハンドルを回すことで歯車が回転し、3000ものパーツを組み合わせたフレーム内のベルトが駆動。

パチンコ玉サイズの玉がマシン上部へと運ばれていく。

てっぺんまで運ばれた玉が落下すると、鉄琴やキックドラム、ベースなどを鳴らし、音が鳴るという仕掛け。

レバーを操作することで、各楽器のオン/オフを切り替えることができる。

絶妙なタイミングで落下するように設計されたこの楽器、つくるのも演奏するのも骨が折れそうだ。

制作期間は実に1年2ヶ月! 制作過程の動画も

この驚異的な楽器の制作には、実に約1年2ヶ月もの歳月が費やされたという。

バンド・Wintergatanの公式Webサイトなどでは、制作過程の動画も公開されており、設計から車輪やレールといったパーツを組み立てるまでの工程を垣間見ることができる。

FMusical Marble Machine Prologues

The Marble Machine is Finished! 2000 marbles, 3000 parts

※画像はすべて「Wintergatan – Marble Machine (music instrument using 2000 marbles)」スクリーンショット

引用元

驚異の木製楽器「Marble Machine」 2000の鉄球が奏でる美しい音色…

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP