体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

phaはいつも何を食べている? 「日本一有名なニート」と称されている彼が語る「だるい自炊とたまの外食」

f:id:Meshi2_IB:20151119233331j:plain

phaという人物をご存知だろうか。

「ファ」という聞き慣れない、気の抜けたような名前だが、ネットの世界ではちょっとした有名人で、「日本一有名なニート」と称されている彼。現在は「会社員」というステータスを捨て、定職にも就かずニートとして生活を送っている。いや、これまでに著作を何作か出したり、関連のイベント出演したりしているので、正確には「ニート」とは呼べないのかもしれない。

phaさんのことは、以前からブログや書籍を通して知っていた。普段からTwitterやブログで「毎日寝て暮らしたい」とか「生きることがつらそうな人がこんなにたくさんいるのはおかしい」という発言をしているphaさんの考えに共感し、「たしかに、こういう生き方もいいよなぁ」なんてことを思ったりもする。けれど、一つ気になることがある。そう、「食事」だ

「毎日カップラーメンやスナック菓子ばかり食べているのでは?」「しっかり毎日ご飯食べてるの?」「ってか、料理とかするの?」と、想像しだすとキリがない「ニートの食生活」。また、ブログでは「サイゼリヤの店内音楽」について書くほどのサイゼ信者だったりして、「もしかしたらサイゼリヤに住んでるんじゃないの?」と、どんどん疑問は膨らむばかりだ。

そんなことを考えていると居ても立っても居られなくなったので、なんとかしてphaさんに話を聞かせてもらえないかと頼んだところ、なんと今回『メシ通』でインタビューさせてもらえることになった!

10月某日。やってきたのは、phaさんが知人らと同居している通称・ギークハウスと呼ばれるシェアハウス(2015年10月時点。現在は移転)。「しかし、ちゃんと話してくれるのかねぇ……」と、取材前から不安そうにしているのは担当編集者のムナカタだ。

むりもない。phaさんといえば、Twitterやブログ上でいつも「ずっと寝て暮らしたい」「だるい」と発信し続けており、常に無気力なことで知られている。そんなphaさんがちゃんと我々の取材に応じてくれるのか。「もしかしたら、話しかけてもずっと無視されるじゃないか」「ずっとだるそうにしていたら気まずいな」などと不安を漏らしながら歩くと、目的地であるphaさんの自宅に到着した。

玄関前に着くなり、おじいちゃんの家にある懐かしいタイプの呼び鈴を鳴らす。

「ピンポーン!」

……ガチャ。

その奥からヌルリと現れたのが、phaさん本人だ。

pha:あぁ、どうも。……中に入ってください。

──はい。お邪魔します!

なんか、思っていたより普通の人だ……! 少なくともブログの記事やTwitterの発言でイメージしている感じとは、いい意味で違う。僕らは少し安心し、phaさんのご自宅に招き入れてもらった。

リビングに通してもらい、さっそくインタビューを始めることに。

話す人:phaさん

f:id:Meshi2_IB:20151119233928j:plain

1978年生まれ。大阪府大阪市出身。京都大学を24歳で卒業し、25歳で就職。28歳のときにインターネットとプログラミングに出会った衝撃で会社を辞める。今は毎日ふらふらしながら「日本一のニート」を目指している。また、シェアハウス「ギークハウスプロジェクト」を運営している。著書に『ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法』(技術評論社)、『持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない』(幻冬舎)がある

1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。