体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Shine & Shine juice』意識高い系香港発おしゃれジュース全4種飲み比べ!

シャイン&シャインIMG_7445

2015年12月からファミリーマートおよびイトーヨーカドーで販売されている日上商事株式会社(東京都千代田区)による『Shine & Shine juice』(シャイン&シャインジュース)は、香港発のストレート果汁飲料。コンビニに並ぶペットボトルとしてはひと際目を引くデザイン性が女子ウケし、Instagramを中心にSNSで話題をさらっているドリンクだ。

フレッシュジュース、ストレート果汁飲料、濃縮還元の違いって?

近年、百貨店やショッピングモールをはじめ、駅ナカなどの店頭では、ミキサーで野菜や果物を生絞りした「フレッシュジュース」が大人気。紙コップ一杯分で400円前後というお値段だが、その美味しさからついつい飲みたくなってしまう人も多いのでは? フレッシュジュースとはその場で飲むことが前提であることもあり、殺菌していないそのままの飲み物のことをいう。

b690741451bf55555097336113d1f4e9_s

一方、ペットボトルや紙パックに入った果汁飲料はおもに「濃縮還元」「ストレート果汁飲料」の二種類がある。「濃縮還元」とは、搾った果汁を産地で一度水分を飛ばし軽くしてから工場へ運び、再び水と混ぜてドリンクにする製法。味わいが安定するうえ商品価格も安くなるが、水分を飛ばすときに果汁の香りも飛んでしまうので香料をプラスしている商品も多い。

 

「ストレート果汁飲料」の場合は、絞った果汁を殺菌したものなので香りはそのまま。もちろん香料や甘味料を加えている商品もあるが、フレッシュジュースに比べると消費期限が長く、フレッシュジュースに近い味わいが手軽に楽しめる。

 

香港発『Shine & Shine juice』は、ストレート果汁飲料!

海外ブランドのストレート果汁飲料といえば、以前ご紹介したニュージーランド生まれの「チャーリーズ」(アサヒ飲料)がある。こちらはセブン-イレブン限定の商品で、発売当時からかなり人気を集めていた。今大注目の『Shine & Shine juice』は、香港のストレート果汁市場の80%をしめる大ヒットブランド! 

 

日本では2015年12月より、ファミリーマートやイトーヨーカドーの一部店舗でのみ販売されている。『Shine & Shine juice』の人気の火付け役は、かわいいモノが大好きな女子たち。普通のペットボトルとは明らかに違い、化粧品のような真っすぐなボトルに半透明のキャップ。シンプルだけれど果汁の色がカラフルで、持っていて映えるスタイルがおしゃれ女子の心をつかんでいる。

 

味はおいしいの? 理系風ボトルが素敵な『Shine & Shine juice』を飲み比べてみた!

シャイン&シャインIMG_7510

『Shine & Shine juice』のフレーバーは、「キウイ」、「マンゴー」、「グレープフルーツ」、「ザクロ&リンゴ」の全4種類! どれも果実そのものの色合いを感じさせるポップでカラフルなカラーが特徴的。キウイとマンゴーはそれぞれ果汁55%、グレープフルーツは果汁100%、ザクロ&リンゴは果汁65%となっている。

 

■『Shine & Shine juice キウイ』

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会